未成年・学生

モバイルWiFiルーターの契約は学生でもできる?

投稿日:

モバイルWiFiルーターは外出先でもインターネットを使えるようになるので
とても注目されています。

私も長距離トラックの運転手をしていると、どうしても外出が多くなります。
そんな時にとても便利だと思うのですが・・・

私のような仕事をしている人間以外、例えば学生がモバイルWiFiルーターを
契約することは出来るのでしょうか?

モバイルWiFiルーターの場合は基本的に18歳以上から申込み可能

最近では高校生でスマホを持っているというのはかなり当たり前になっています。
家庭によっては中学生からスマホをもたせるというところもあるそうで。

ただしスマホの場合は親が契約をして子供に持たせるという場合も多いです。
中学生が自分の名義でスマホを持つことも出来るのですが、できる会社は少ないです。

ではスマホと同じ様に屋外でインターネット接続ができるモバイルWiFiルーターは
何歳から契約が出来るのでしょうか。

調べてみると基本的には18歳以上、しかも学生からということなので高校生などの
生徒が契約することは出来ません。

同じ18歳でも高校生はだめで大学生なら契約可能、ということのようです。
でも未成年の場合は契約に親権者の同意が必要になります。

まとめてみると18歳の学生から申し込みはできるけど契約するためには
親の同意書を提出する必要がある、ということです。

でも会社によっては19歳以上という年齢制限になる場合もあります。
基本的にはそれぞれの会社によって変わるので、ちゃんと確認をしておきましょう。

学割が利用できるモバイルWiFiルーターはほとんどない

学生が契約できるなら、電車の定期券のように学生割引を使うことは
出来ないのでしょうか。

調べてみると、以前は学割の適応があったところもあるのですが・・・
現在学割を使えるモバイルWiFiルーターはほぼありません。

まあ格安SIMのように学生でも契約できる、または契約者が学生に使わせる
ということが多いものなら学割の適応も行われています。

でもモバイルWiFiルーターに関してはあまり学生が多く使っているという
印象はありません。

そのためかあまり学生向けのサービスというのがありませんでした。

学生が自分で申込みをして契約するのはちょっと難しい

結論としてはモバイルWiFiルーターの場合、学生が自分で契約して使うには
ちょっと厳しいという印象です。

色々な理由はあるのですが、まず未成年の場合は契約をするために親の同意が必要で
同意書の提出という手間がかかること。

それに未成年者が自分の名義で契約できるところ自体少なく、その場合は支払い方法が
口座振替に限定されてしまうこと。

この口座振替で契約申し込みが出来るモバイルWiFiルーターの会社自体が少なく
選べるところが少ないというデメリットが出来てしまいます。

同じ学生でも成人してから申し込みをすれば選択肢はかなり広がるので
おすすめもしやすいのですが。

現状、未成年者の学生が自分の名義でモバイルWiFiルーターを契約するのは
とても難しいというか面倒くさいと思います。

学生がモバイルWiFiを契約するための簡単な方法

普通に学生がモバイルWiFiルーターの契約をするとかなり面倒くさいことになるので
別の方法を考えてみます。

まあ待てるなら成人するまで待って、自分でクレジットカードを作ります。
それを月額料金の支払いに使うようにして申し込みをすれば問題なく契約が出来ます。

学生でも作れるクレジットカードはありますし、学生専用のカードを作っている
信販会社もあります。

支払能力に問題がないと判断されれば学生でもクレジットカードは作れるので
それを使ってモバイルWiFiルーターの契約をするのが簡単です。

それまで待てない、というならこんな方法はいかがでしょうか。

親に契約をしてもらって端末を借りる

高校生がスマホを契約するのと同じ様に、契約者は親など親権者や身内で
実際に使うのが未成年者、学生という状況です。

契約という問題があるのでできれば親など親族がいいと思いますが、月額料金の
問題を解決できるなら信頼できる人でも構わないと思います。

親の場合なら当然成人していますし、クレジットカードも持っているかと。
そのカードを月額料金の支払い方法として使えばほぼ審査もなく契約できます。

月額料金の支払いは後から自分で親に返せば大きな問題にはならないとおもいます。
まあ親に甘えて月額料金を支払ってくれるならそれは羨ましいことですが。

実際に多くの高校生は親が契約したスマホを使っているという状態です。
モバイルWiFiルーターでも同じことをしても問題はないとおもいます。

親の名義で契約したモバイルWiFiルーターの支払口座は契約者と同じにする

親に契約してもらう時の注意点として、月額料金の支払いを自分でしたいと思った場合
支払口座を自分の口座にしてはいけません。

基本的にモバイルWiFiルーターは契約者と支払いの名義人が違うと契約できません。
契約者のクレジットカードや口座を使って支払いをするようにしましょう。

これは普通に契約するときにも言えるのですが、例えば月額料金の支払いに
クレジットカードを使うとします。

もし契約者とクレジットカードの名前が違うなら、不正に作ったカードを使って
支払いをしようとしていると思われてしまいます。

口座振替でも同じで申込みの名前と口座の名義人が違えば基本的には申込みを
断られてしまうのです。

スマホの場合は申込者と支払人名義が違っても申し込みが出来るのですが
モバイルWiFiルーターでは出来ないので注意しましょう。

学生が自分名義で申し込みをするなら親権者の同意書を提出する

どうしても自分名義でモバイルWiFiルーターの申し込みをしたい、という場合には
親権者の同意書を提出して申し込みをすることになります。

基本的には同意書はその会社ごとに決まった書式があるので、公式サイトなどから
ダウンロードしてプリントアウトをして記入ということになります。

まあ会社によっては同意書を記載した住所に郵送してくるので、それを返送して初めて
モバイルWiFiルーターの契約が完了するというところもあります。

ただし学生でも成人をしているなら同意書の提出は必要ありません。
あくまでも未成年者の申込みに対して親権者の同意が必要、ということです。

そして同じ18歳でも高校生はモバイルWiFiルーターの契約が出来ません。
同意書を提出しても高校生の契約は出来ないのです。

卒業してから申し込みをするようにしましょう。

同意書に記載された親権者の連絡先に連絡が行く

同意書を提出して契約する場合、多くの会社で同意書に記載されている親権者の
連絡先に確認の電話があります。

勝手に名前を使ってもこの確認の電話でわかってしまいますので、名前だけ借りる
ということはまず無理です。

そして同意がないとわかると当然ですが申込みは無効になります。
ちゃんと同意をもらってから契約をするようにしましょう。

それと会社によっては同意書に書かれた名前の口座から料金引き落としをする
またはクレジットカードの利用が出来るというところもあります。

BIGLOBE WiMAX2+で未成年が申込みをする場合、同意書は親権者ではなくても
大丈夫なのですが未成年者が支払いをすることが出来ません。

支払いは同意書に記載されている責任者名義のクレジットカードのみ利用できる
という契約になります。

契約する会社によって同意書に記載されている内容も違うので、申込みをする前に
確認して署名してもらうようにしましょう。

大学生のインターネット回線にはモバイルWiFiルーターは便利

未成年者が自分名義のモバイルWiFiルーターを契約するのは大変ですが
大学生のインターネット回線としてモバイルWiFiルーターはおすすめです。

大学入学と同時に一人暮らしを始めるという場合、インターネット回線の契約は
たしかに必要になるとおもいます。

でも部屋に固定回線を引くのはアパートなどの関係で選択肢はほとんどありません。
決まった回線のみの契約で、快適だという保証はほぼ無いのです。

しかも大学の場合、ゼミなどのレポート提出にインターネット環境は今では
欠かすことができないという状態です。

調べ物をするのにもインターネットは便利で、参考になることも多くあります。
今では勉強をするためにもインターネットは必要なのです。

まあ私のように遊びで動画を見る、という使い方も多いと思いますが。
息抜きのためにもインターネットはかなり使えます。

そしてモバイルWiFiルーターなら持ち運んで大学の図書室やキャンパス内でも
使う事ができるというメリットがあります。

引っ越ししてからすぐにでも使えるという魅力もあるので、学生が使うネット回線には
モバイルWiFiルーターはかなりおすすめできます。

-未成年・学生

Copyright© Wi-Fi契約審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.