uqwimax

UQ WiMAXの申込み、審査落ちする理由は?

投稿日:

私は長距離トラックの運転手をしています。
仕事でもプライベートや休憩中にもスマホを使ってインターネット接続をします。

そのためかスマホのパケット通信がとても多くなってしまうのでモバイルルーターを
契約しようと思うのですが・・・

私は現在金融ブラックの状態なのでWiMAX2+というモバイルルーターに申し込みをして
審査落ちするのでは?という不安があります。

金融ブラックでもWiMAX2+の契約はできるのか調べてみることにしました。

UQ WiMAXはクレジットカードなら落ちることは少ない

WiMAX2+の申込みをするとして、どこから申し込むのか。
私は本家と言われるUQ WiMAXを考えています。

元々UQコミュニケーションズが提供している回線がWiMAX2+で、そこが
行っているのがUQ WiMAXというモバイルルーターの会社です。

回線提供会社が行っているのでサービス内容もよく、安定していると言われているので
まずはこちらに申込みをする場合を確認してみます。

調べてみるとUQ WiMAXにクレジットカードで申込みをする場合に審査落ちする
という可能性が少ないそうです。

まあ月額料金の支払いにクレジットカードを使う、という選択肢で加入申し込みをすれば
基本的に審査をせずに契約が出来るということのようです。

クレジットカードは作る時に信販会社がしっかりと申込者の審査をしています。
私のような金融ブラックの人が契約できない、というのは有名ですね。

そんな厳しいクレジットカードの審査を通った人の場合、モバイルルーターの契約時に
わざわざUQ WiMAXでさらに審査をしないということのようです。

つまり審査に落ちるのはクレジットカード以外の月額料金支払い方法を選んだ場合。
口座振替で申込みをする人ということになります。

金融ブラックでもUQ WiMAXの審査にはあまり影響はない

では口座振替で申込みをする場合、UQ WiMAXではどんな審査をするのか。
詳しく調べてみると審査というよりも確認作業をする、という感じです。

実際にどんなことを調べているのかはわからないのですが、基本的には申込者と
口座の名義人が一致しているのか。

口座振替に使う金融機関の口座は正常に働いているのか。
過去に通信関係の支払いの滞納がないのか、という確認をするようです。

確実ではないのですが個人信用情報機関、つまり借金と返済に関する情報を
見ることは無いと言われています。

簡単に言えば金融ブラックの状態の確認をしない、ということです。
私のような状態でも申し込みが出来る、という期待が出来ます。

まあ確実に個人信用情報を見ない、と言えないのですが・・・
口コミでは金融ブラックでもUQ WiMAXで契約できたという人もいました。

とりあえず口座振替でもそれほど厳しい審査をしているわけではなさそうです。

UQ WiMAXでは電子通信事業者組合の情報を確認する

UQ WiMAXの申し込みで一番気をつけなければいけないことは通信関係の
月額料金未払いが無い、ということです。

こちらも確実ではないのですが、一般財団法人電子通信事業者組合という情報機関で
情報の共有を行っています。

この電子通信事業者組合とは簡単に言えばスマホなども含めた通信関係の会社が
情報を共有しているところです。

つまり携帯電話やスマホ、固定回線など通信に関する会社がお互いにユーザーの
滞納や不払いに関する情報を共有しているのです。

そしてこの組合にはかなり多くの通信関係の会社が参加しています。
当然UQ WiMAXも参加しているので情報を見ることが出来ます。

UQ WiMAXに申し込みをした人が過去に通信関係の月額料金を滞納していると
個人信用情報と同じ様に電子通信事業者組合の共通情報として記載されます。

通信関係では必ず参照されるので、未払いがあるとまず審査落ちします。
これはWiMAX2+の会社は全て同じだと思います。

UQ WiMAXに限らずどんなところでも未払いがあると審査には通りません。

UQ WiMAXで審査落ちする原因とその対処方法

簡単にWiMAX2+の審査落ちする原因についてまとめてみましたが
これらは多分どこのWiMAX2+の会社でも同じようなものだと思います。

でもこれらの原因があるからWiMAX2+の申込みができない、という訳ではなく
対策をしっかりと取っていれば問題なく契約することもできます。

そこでUQ WiMAXを例にして審査落ちする原因とその対策について考えてみました。
確実な方法ではないのですが、ある程度は参考になると思います。

申込者の情報と口座名義人の情報が違う

UQ WiMAXではクレジットカードの月額料金支払いでは基本的に審査落ちがありません。
審査されるのは口座振替で申し込みをした場合です。

そして口座振替で申し込みをした人と、その支払に使う口座の情報が違う場合には
審査に落ちるという可能性があります。

まあ審査というか他人の口座を使って支払いをしようとしている、と判断されるので
申し込みを断られるという感じでしょうか。

特に注意点としては引っ越しをした後に金融機関に口座名義人の情報変更届を
出していないという場合です。

この場合、申込みに使う住所と口座を作る時の情報として登録されている住所が違う
という状況になります。

これが原因で審査落ちする、という場合があるのです。
口座振替に使う口座の登録情報は申込み前に確認しておきましょう。

過去に通信費用の滞納や未納料金がある、強制退会させられたことがある

先程書いたように通信関係の情報はUQ WiMAXでも共有されています。
通信関係の月額料金の滞納や未納があるとまず確実に審査落ちをします。

ただ1度滞納したから後は絶対に通らない、というわけでもなく単に滞納しただけ
という場合にはそれほど問題にはなりません。

何度も滞納する、滞納したまま強制退会させられたという場合には問題あるかと。
こんな状況の人は通信契約を結ぶのに信用は出来ないですよねえ・・・

ちなみに通信費用の未納料金があっても、それを支払えばすぐにでも情報の記載が
取り消されるということが多いです。

個人信用情報のように5年間は記載が消えない、という訳でもないようなので
未払いがあるなら先に支払いを済ませれば契約できることも多いようです。

まあ基本的に滞納や未払いがなければ一番いいのですが。

本人確認書類と住所が違う、期限が切れている

UQ WiMAXでは口座振替での申込みでも種類の提出をせずにWEB上で全て手続きを
完了させることが出来ます。

この時に本人確認書類の提出、画像のアップロードが必要なのですがその本人確認書類と
申込みの時の入力情報が違うと審査落ちすると言われています。

まあ住所や名前が違うものを本人確認書類として出しても信用はされません。
運転免許証や国民健康保険証などは引越し後の情報更新をしっかりとしましょう。

それと忘れがちなのが国民健康保険証などの有効期限切れです。
運転免許証では通知が来るので忘れることも少ないのですが・・・

特に健康保険証は事前に郵送されて自分で切り替えが必要です。
間違って以前のものを写メにとって送ってしまうということも。

名前と住所、有効期限は必ず確認されるので、本人確認書類の有効期限もきちんと
確認してから提出するようにしましょう。

UQ WiMAXは口座振替で審査落ちする明確な理由があるはず

UQ WiMAXはWiMAX2+回線を提供しているところが行っているので、多少は
他のところよりも審査が厳しいと言われています。

ただ口座振替でもそれほど厳しく審査をしているわけではなく、基本的には確認作業で
契約できると確認できれば普通に契約できます。

でも通信関係の月額料金支払いに関してはとても厳しく、未納料金があればほとんど
審査落ちすると言われています。

逆に考えるなら通信料金の支払いさえしっかりとしていれば、後は本人確認書類や
記入する情報の間違いといういわゆるミス以外に理由がありません。

特に金融機関の情報更新は忘れがちなので、引っ越しをした後にはきちんと
金融機関にも連絡をするようにしましょう。

審査落ちした後にもう一度挑戦するなら別の口座を使う

UQ WiMAXで口座振替の審査落ちをした場合、もう一度UQ WiMAXに
申し込みをするなら違う金融機関の口座を用意しましょう。

通信費用の未払いがあって、その支払を済ませたという場合でも同じ人が
同じ金融機関の口座で申し込みをするのはあまりおすすめできません。

万が一、審査落ちした理由が口座にあった場合のことを考えると別の口座を
使って申し込みをしたほうが通る可能性は高いと思います。

金融機関の口座は新しく作ったものでも問題ありません。
複数の口座を最初から持っているなら、当然そちらで十分です。

ただできれば口座には最低でも5万円程度の残高があるようにしましょう。
UQ WiMAXも支払能力がある人には問題なく契約してくれると思います。

WiMAX2+は月額料金4,000円くらいなので5万円もあれば1年間は支払いを
続けられるという判断が出来ます。

口座振替の審査は基本的に確認ですが、支払能力の判断もされるようなので
できれば口座にはある程度の金額があると安心です。

UQ WiMAX以外のところで口座振替の申込みをするのもおすすめ

それほど審査が厳しくない、と言ってもやはり回線提供会社の審査なので他のところより
口座振替の審査は厳しいと言われています。

つまりUQ WiMAXで審査落ちした場合、通信料金の未払いが無いなら別のところから
口座振替の申込みをするという方法もあります。

まあ口座振替に対応しているところは少ないのですが、UQ WiMAXだけではないので
そちらからなら同じ口座で申込みをしても契約できる可能性はあります。

UQ WiMAXで審査落ちしないために月額料金の支払いはきちんとしておく

基本的にWiMAX2+に申し込みをするならクレジットカードを使うのが便利です。
契約できる会社も多く、審査もほとんどないのでまず契約が出来ると思います。

でも私のように金融ブラックの場合、クレジットカードを作ることが出来ません。
口座振替で申し込みをするならやはりUQ WiMAXがサービス内容的にもおすすめです。

UQ WiMAXで口座振替の申込みをするなら通信費用の未払いは絶対にだめです。
まあこれはどこの会社でも同じで、確実に審査落ちするはず。

後は金融機関の情報、本人確認書類の期限など自分で気をつければ回避できることが
多いので注意するようにします。

これで随分と契約できる可能性は高くなるはずです。
金融ブラックという条件はあまり関係ないのでそこは安心できると思います。

-uqwimax

Copyright© Wi-Fi契約審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.