クレジットカードなし

Try WiMAXをクレジットカードなしで使うことはできる?

投稿日:

モバイルルーターの中でも独自の電波を使っていて、高速通信ができるWiMAX2+は
とても注目されています。

ただ独自の電波を使っているので利用可能地域に心配があります。
そこでTry WiMAXという無料レンタルのサービスもやっています。

ちょっと使ってみたいのですが、申込みにはクレジットカードが必要ということ。
クレジットカードなしでTry WiMAXを使うことは出来ないのでしょうか。

Try WiMAXの申込みにはクレジットカードが必須

Try WiMAXのサービスをしているUQ WiMAXの公式サイトを調べてみると
やはりTry WiMAXの申込みにはクレジットカードが必要でした。

色々調べてみたのですがクレジットカードなしでTry WiMAXに申し込みは
出来ないということです。

ちなみにUQ WiMAXでは普通にWiMAX2+を契約する場合には月額料金の
支払い方法としてクレジットカード以外を選ぶことが出来ます。

具体的に言えば口座振替でも契約申し込みができるのですが、Try WiMAXでは
口座振替で申し込みが出来ません。

必ずクレジットカードを使う必要があるのです。

Try WiMAXでは保証のためにクレジットカードを使う

では完全無料のはずのTry WiMAXでなぜクレジットカードが必要なのか。
実際に支払いをするためではなく、故障のときなどの保証として登録します。

普通にレンタルをするだけなら何も料金は必要ありません。
端末の送料も全てUQ WiMAXで支払ってもらえます。

ただしレンタルした端末が故障した場合、レンタル期限までに返却されない場合に
料金が発生することになります。

また契約者の本人確認書類の代わりにクレジットカードを使うようです。
そのために契約者本人のクレジットカードを登録する必要があります。

家族カードなどでTry WiMAXを使うことは出来ないので注意しましょう。

ちなみに料金が発生しない場合でもクレジットカード会社からご利用案内通知が
届く場合もあるそうです。

これは一応クレジットショッピングの枠を確保しておくために使うからだそうで
問題なく返却される場合には料金は発生しません。

Try WiMAXは基本的に完全無料で使える

クレジットカードの登録が必要ですが、基本的にはTry WiMAXの利用は完全無料です。
登録料金、通信費用、端末レンタル料金、送料の全てが必要ありません。

ただし先程も書きましたが、端末を壊してしまった場合やなくしてしまった場合。
それにレンタル期限を過ぎても返却しない場合には端末代金の支払いが必要です。

レンタルできる端末の種類が複数あるので、それぞれの端末代金相当の金額を
クレジットカードから支払うという形になるようです。

そしてレンタル期限というのは15日間なのですが、これはUQ WiMAXから
端末を発送した日を含んでいます。

またこちらから端末を返却する時にかかる郵送日数も含まれています。
つまり15日以内にUQ WiMAXに到着する必要があるのです。

単純に15日間使って返却するとレンタル期間超過になって端末代金が請求される
ということになってしまいます。

地域によって郵送にかかる時間は違いますが、大体10日間程度のレンタル期間で
返却する必要があると思います。

Try WiMAXは何度でも使う事ができる

Try WiMAXを使うためには必ず本人のクレジットカードが必要ということが割りました。
では実際に使う場合は何度でも使えるのでしょうか?

まあ1度しか使えない、ということではないのですが連続で申し込みは出来ません。
90日以内にレンタルをした場合は申込みが出来なくなっています。

逆に言えばレンタルしてから90日経っていればまたレンタルができる、ということです。
申込みの名前とクレジットカードが同じでも問題ありません。

ちなみに90日以内でも他の人の名義、例えば家族の名前でTry WiMAXへの申込みが
出来るようになっています。

住所が同じでも申込者が違い、その名義のクレジットカードを使えば90日以内に
申込みをしてもレンタルすることができます。

注意点としては登録するメールアドレスが固定回線のプロバイダメールだと
申し込みが出来ない場合もあるそうです。

ただ携帯電話のキャリアメールなら問題なくレンタルが出来たそうです。
登録するメールアドレスにもちょっと注意が必要なようです。

端末のみ返却記録があるとTry WiMAXを使えなくなる

Try WiMAXを何回も使う時の注意点として、当然ですが端末を返却せずに
違約金の支払いをしたら2回目の利用はできなくなります。

詳しく言うと端末のみ返却記録がある人は契約を断られます。
たとえ90日経っていても返却しなかった人にレンタルはしてくれません。

まあUQ WiMAXとしては端末の弁償をしてもらったからOKというわけではなく
以前借りパクをしたユーザーを信用することはできないというところでしょうか。

レンタル期間にかかわらず端末のみ返却記録があるユーザーは登録ができません。
レンタルした端末は必ず返却するようにしましょう。

20日以内ならWiMAX2+のキャンセルができるところもある

Try WiMAXのようなレンタルではないのですが、WiMAX2+を契約できるところでは
20日以内なら契約のキャンセルが出来る、というサービスもあります。

これはGMOとくとくBBで行っているサービスですが、実際にWiMAX2+を使って
電波の入り方が悪いなど使いにくいと感じることもあるとおもいます。

そんな時に契約から20日以内なら違約金が発生せずに契約のキャンセルが出来る
というサービスです。

元々通信販売ではクーリングオフという制度がありますが、インターネットの回線契約は
クーリングオフの対象外です。

そのために似たような制度を作っていて、そちらでは8日以内なら契約の解除ができます。
これをさらに伸ばしたサービスをGMOとくとくBBでは行っています。

事務手数料や端末の郵送料金などは帰ってきませんが、3年契約が違約金なしで
解除できるというのはやはり便利だとおもいます。

試しに使ってみる、という意味ではTry WiMAXのようですがこちらは一度普通に
契約をする必要があります。

しかもGMOとくとくBBは契約申し込みに必ずクレジットカードが必要です。
やはりクレジットカードなしで使えないサービスということです。

Try WiMAXを使うならクレジットカードが必要になる

WiMAX2+の契約だけならUQ WiMAXなど口座振替で契約できるところはありますが
Try WiMAXを使うためには必ずクレジットカードが必要です。

GMOとくとくBBのようなサービスを探してもいいのですが、多くのところでは
やはりクレジットカードが申し込みに必要になります。

元々レンタルというわかりやすいサービスはTry WiMAX以外では見かけないので
一番便利な方法はやはりTry WiMAXだとおもいます。

最近では最新端末もレンタル可能になっているので実際に試してみる、という意味では
かなり使いやすいと思います。

ただし最新端末はレンタルできる在庫が少なく、いつも貸出中になっていることも多く
タイミングが難しいという問題点も。

まあ利用可能地域を確認するだけなら最新端末にこだわる必要はないのですが。
やはり新しい端末を使いたくなりますよねえ。

でもTry WiMAXを使うためには必ずクレジットカードが必要になります。
それが私としては残念に思うところでした。

-クレジットカードなし

Copyright© Wi-Fi契約審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.