クレジットカードなし

WiMAX2+の月額料金はクレジットカード以外の方法で支払いが出来る?

投稿日:

高速通信が出来ることで注目されているモバイルルーターがWiMAX2+という機種で
最近ではかなり多くの会社で契約することが出来るようになっています。

ただWiMAX2+の契約をする時に必要と言われるのがクレジットカードです。
申込みの時の月額料金支払い方法にクレジットカードしか選べないというところも。

確かに普及しているクレジットカードですが、ネット関係で使いたくないという人や
クレジットカードを持っていないという人もいます。

こんな人達がWiMAX2+を使うためにはどうすればいいのでしょうか。

WiMAX2+はクレジットカード以外の方法で月額料金の支払いが出来る

私は以前、ソフトバンクの携帯電話の料金の支払いが遅れたことがあります。
多分これが原因で金融ブラックの状態になりました。

携帯電話の月額料金には端末の分割購入代金が含まれていることが多いです。
つまり月額料金の支払いが遅れるとクレジットショッピングの支払いが遅れるのです。

それはクレジット返済、つまり信販会社からの借金返済が遅れるということなので
個人信用情報に記載されてしまうのです。

この個人信用情報に借金の返済が遅れた、と記載されてしまうとまずクレジットカードを
作ることができなくなります。

場合によっては家を購入する時の住宅ローンも断られるので携帯電話の月額料金は
忘れずに支払うようにしましょう。

そんな私がWiMAX2+の申込みをする時にはどうすればいいのか。
クレジットカード以外の月額料金支払い方法はあるのでしょうか。

結論を言えばクレジットカード以外の支払い方法はあります。
それを使えば私でもWiMAX2+を使う事ができるのです。

ではクレジットカード以外のWiMAX2+の月額料金支払い方法とはどんなものか。
その方法と注意点などを詳しく見てみることにしましょう。

金融機関の口座から自動引落をする口座振替という方法

クレジットカード以外の方法でWiMAX2+の月額料金を支払いたい、と思った時に
私がすぐに思い浮かんだのは口座振替という方法です。

口座振替は公共料金の支払でも使われている方法で、金融機関の口座から
自動的に利用料金の引き落としが行われるという支払い方法です。

銀行振込と違ってこちらから金額を指定して振込をするのではなく、指定された
金額を自動的に引き落として相手に支払うという方法です。

対応している金融機関の口座を持っていることが条件になりますが、WiMAX2+では
かなり多くの金融機関の口座が対応しています。

一応WiMAX2+の会社によって対応している口座は違うのですが、都市銀行や
地方銀行、全国の信用金庫などの口座であればまず大丈夫かと。

口座振替ならクレジットカードを持っていなくてもWiMAX2+の月額料金を支払うことが
出来るようになります。

特殊な方法の請求書での支払い方法

以前は使えたのですが、最近ではあまり使えなくなったのが請求書での支払いです。
月額料金の請求書が郵送で届いて、それをコンビニや金融機関窓口で支払います。

自分で窓口や店舗に行く必要があり、支払いも必要なので最近ではほとんどのところで
利用されることがなくなりました。

以前はインターネット回線料金の支払いで使えるところもあったのですが、コストが
かかるのであまり使いたくないというのが本音のようです。

WiMAX2+でも以前は使えたようですが、今では申込時に選ぶことが出来る支払い方法には
請求書払いがありません。

ただしちょっと特殊な方法になりますが、一応請求書をもらって支払いをすることは
できるのです。

まあかなり特殊な方法なのであまりお薦めはできませんが。

デビットカードやプリペイドカードでの月額料金支払いは出来ない

以前はWiMAX2+の月額料金支払い方法としてデビットカードがありました。
でも今はこのデビットカードでの支払いが出来ないようになっています。

原因は色々ある、と言われていますが多分トラブルが多かったこと。
確かに審査もなしに作れるデビットカードではトラブルも起きるとおもいます。

特にWiMAX2+は使った後に月額料金を支払うことになるので、銀行口座にお金がないと
月額料金を引き落とすことができなくなります。

つまり使った人がお金を払わないという状況になりやすいのです。
まあ以前は利用者を増やすためにデビットカードも認めていたのだと思いますが。

それなりに知名度が高くなり、利用者数も増えてくるとデビットカードの取り扱いは
すぐに終了してしまいました。

現在ではデビットカードを使って支払いが出来るところは一つもありません。
同じ様にプリペイドカードでの月額料金支払いは出来ません。

ただし一部のところでは会員限定で使えるチャージ式の電子マネーを
月額料金の支払いに使うことができます。

GMOとくとくBBのBBウォレットは申込みにクレジットカードが必要

例えばGMOとくとくBBというところでは会員向けにBBウォレットという
独自の電子マネーを提供しています。

銀行口座からの引き落としやWEBマネーを使って金額をチャージしてネット上での
買い物やGMOとくとくBBでの月額料金支払いに使うことができます。

GMOとくとくBBでもWiMAX2+の契約が出来るので、これを使えば
クレジットカード以外の方法で支払いが出来るということになります。

ただしGMOとくとくBBからWiMAX2+に申し込むにはクレジットカードが必須で
申込時に他の支払方法を選ぶことは出来ません。

クレジットカードを使って申し込みをした後に、会員サイトで月額料金の支払い方法を
BBウォレットにすることは出来ます。

まあクレジットカード以外の支払い方法、というならこれもありなのですが・・・
実際に使うためには申込み手続きにクレジットカードが必要になります。

口座振替が利用できるのは3社のみ

一番現実的なクレジットカード以外のWiMAX2+の支払い方法は口座振替です。
申込みから使えるのでクレジットカードを持っていない人はこちらでの申し込みです。

ただし現在口座振替で申し込みができるのはUQ WiMAXとBIGLOBE WiMAX2+
Broad WiMAXの3社のみです。

これ以外のところでは申し込みの時に必ずクレジットカードが必要になるので
クレジットカード以外の申込みはこの3社から選ぶということになります。

ではそれぞれにどんな特徴や注意点があるのか。
口座振替での申込みについてちょっと調べてみましょう。

割引などがないけど安心して使えるUQ WiMAX

UQ WiMAXは回線の提供をしているUQコミュニケーションズが行っているので
全てのサービスを使うことができます。

当然口座振替で申し込みが出来て、クレジットカードからの変更も可能です。
しかもWEB上で全ての手続を終了させることが出来るのですばやく手続きができます。

普通、口座振替での申込みには書類の提出が必要で、書類を郵送する時間がかかり
さらに金融機関の口座を確認する作業もあります。

実際に申込み手続きをしてからWiMAX2+でインターネット接続できるまでに
早くても2週間位の時間が必要でした。

でもUQ WiMAXでは提出書類が無く、金融機関への手続きも全てWEB上で行えるので
かなり時間が短縮できるのです。

口コミでは申込みから3日後に端末発送をしてくれて、5日後にはインターネットに
接続ができたということです。

かなり便利なのですがUQ WiMAXではキャンペーン特典がとても少なく、月額料金の
割引特典などもほとんどありません。

サービスは充実していて安心できるのですがお得感が無い、というのがデメリットです。

BIGLOBE WiMAX2+は口座振替でもキャッシュバックがあるのでおすすめ

大手のBIGLOBE WiMAX2+では新規加入特典としてキャッシュバックのキャンペーンを
展開しています。

このキャッシュバックは新規加入者なら口座振替での申込みでも適応されるので
お得感が一番高いと思います。

他の特典では月額料金の大幅な割引もあって、特典を選んで契約が出来るというのは
かなり魅力的だとおもいます。

口座振替での申込みもUQ WiMAXと同じようにWEB上での手続完了が出来て
素早いのもいいと主います。

口座振替での申込みではかなりおすすめしやすいのですが、口座振替の場合は
キャッシュバック金額が下がるというデメリットも。

まあクレジットカードが使えないという場合には選択の余地がないので諦めも出来ますが
使いたくないだけならお得感が下がるという気分です。

初期費用の割引ができなくなるBroad WiMAX

Broad WiMAXでは他のところにはない、初期費用というコストがかかります。
金額は18,857円とそれなりに高く、最初に大きな負担がかかるという状態に。

一応2年契約でWEBからの申し込みをすれば初期費用が実質無料になるのですが
それはクレジットカードでの申込みのみです。

口座振替で申し込みをするとこの初期費用無料のキャンペーンが使えません。
まあ分割で支払うことも出来るので、月額料金が高くなるという感じですが。

クレジットカードで申込みをする場合には初期費用もなく、月額料金は他の会社と
比べても安いのでお得感があるのですが。

口座振替で申し込みをするとBroad WiMAXのメリットが全てなくなるという感じです。
私的にはこちらからの口座振替の申込みはおすすめできません。

口座振替の手続に失敗し続ければ請求書での支払いが可能

もう一つ、一応請求書での支払い方法についても確認しておきます。
口座振替を書類提出に失敗すると請求書での支払いが続けられるようになります。

UQ WiMAXでは口座振替での申込みの場合、書類提出での申し込みも可能です。
そして書類での手続きの間、支払いが必要になると請求書が届きます。

一応説明では口座振替の手続が完了するまでは請求書での支払いが可能、となっていて
書類の提出が終われば自動的に口座振替になります。

そこで書類の提出でミスをしていれば再提出になってしまいます。
その状態を続けていればずっと請求書での支払いが出来るというわけです。

請求書は最初の2回、無料ですがその後は150円の手数料が必要になります。
ただ請求書の発行をすることのペナルティは何もありません。

例えば口座振替申込みの書類の金融機関お届け印が間違っている場合には正しい
ハンコを提出するまで口座振替での月額料金支払いが出来ません。

提出が必要な書類をずっと止めておくことの罪悪感がなければ、こんな方法もあります。

方法は限定されるけどクレジットカード以外の支払い方法はある

WiMAX2+では申込みにクレジットカードが必須、と言われることもあるのですが
現状クレジットカード以外の支払い方法を選ぶことは出来ます。

ただし申込みに選べるのは口座振替のみで使える会社も限られてしまいます。
選択肢はかなり少ないのですが、一応クレジットカード以外も使える状況です。

申込の手続きが面倒でお得感も少なくなりますが、クレジットカードが使えないなら
口座振替での申込みが出来ます。

私のようにクレジットカードが作れないという人でも申し込みができるのは嬉しいですが
もう少し選択肢を多くして欲しい、というのが正直な感想です。

-クレジットカードなし

Copyright© Wi-Fi契約審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.