クレカ・口座振替以外の支払い

WiMAX2+の月額料金をコンビニ払いに出来る?

投稿日:

外出先でもインターネットを使えるモバイルルーターはとても便利です。
長距離トラックの運転手をしている私もインターネットは仕事で使います。

スマホだけではちょっと不安なのでモバイルルーターも欲しいと思ってWiMAX2+という
機種の申し込みを考えています。

ただ私は現在金融ブラック状態なので新しくクレジットカードを作れません。
そんな私でもWiMAX2+を使う事ができるのでしょうか。

WiMAX2+はコンビニ払いでの月額料金支払いが基本的に出来ない

私が金融ブラックになったのは以前ソフトバンクの携帯電話の料金支払いを滞納した
ということが原因だと思っています。

まあ今では未納の料金もなく、滞納することもないのですが金融ブラック状態は
後少し消えないようで。

こんな状態でもWiMAX2+の申込みは出来ると聞いて作りたかったのですが
月額料金の支払い方法がほとんどのところでクレジットカードのみという状態です。

どこでも支払いが出来る請求書での月額料金支払い、というのは無いのでしょうか?
コンビニ払いという方法を選ぶことは出来ないのでしょうか。

調べてみたところ、WiMAX2+の申込みの時に選べる支払い方法にはクレジットカード
口座振替の2種類しかないことがわかりました。

つまりWiMAX2+の申込みをする場合にはこのどちらかの支払い方法を選ぶしか無い
ということのようです。

ただしこれは「基本的に」ということで、裏技的な方法を使えば一応コンビニ払いで
月額料金の支払いが出来るようですが・・・

その方法を確認してみます。

GMOとくとくBBのBBウォレットを使うとコンビニ払いが出来る

調べてみるとGMOとくとくBBというところではWiMAX2+の月額料金支払い方法に
独自の電子マネー、BBウォレットを使うことができます。

このBBウォレットとはチャージ式の電子マネーで、GMOとくとくBBの利用でもらう
ポイントもBBウォレットに換金することができます。

それと電子マネーなのでコンビニなどからウェブマネーなどを購入して、それを
チャージして使うこともできます。

そしてこのBBウォレットはGMOとくとくBBのプロバイダ料金として支払いに使える
という特徴があるのです。

まあ簡単に言えばコンビニなどで購入したウェブマネーをチャージして月額料金の
支払いに使うことが出来る、ということです。

GMOとくとくBB独自サービスを使う方法ですが、これならコンビニ払いという感じで
WiMAX2+の月額料金支払いができます。

口座振替の支払いが確定するまでは請求書での支払いが出来る

もう一つ、こちらはかなりイレギュラーな方法になりますが、口座振替が確定するまで
支払いは請求書による支払いになります。

UQ WiMAXでは口座振替での申し込みができるのですが、この口座振替をするために
書類の提出が必要になります。

そして口座振替が実際に出来るようになるまでは時間がかかるので、場合によっては
月をまたいでしまうという状況もあります。

そんな時には一時的に請求書を出して、金融機関やコンビニで支払いが出来るのです。
これをずっと続ければコンビニ払いということに。

実際にやる場合は提出書類の不備がある、という状況を続けるということになります。
まあそれで何かペナルティがあるか、というと全く無いのですが。

あまりまともな方法とは言えないのですが、一応こんな方法もあります。
ではそれぞれの方法をもう少し詳しく調べてみることにしましょう。

BBウォレットを使ってコンビニ払いをする

GMOとくとくBBの月額料金支払いにBBウォレットが使えます。
チャージをするにはウェブマネーを購入する必要があり、それをコンビニで買います。

まあはっきり言えば請求書でのコンビニ払いとはちょっと違うのですが。
一応BBウォレットの残高が足りない場合に請求書が届きます。

それを使ってBBウォレットにチャージすれば請求書払いという感じなるかなあと。
こまめにチャージしておくほうが便利だと思いますが。

それとGMOとくとくBBを使っていればとくとくポイントという独自サービスの
ポイントが貯まります。

このポイントも1ポイント1円でBBウォレットにチャージすることができます。
BBウォレットを使う場合にはこんな割引方法も使えます。

それにBBウォレット自体は普通にGMOとくとくBBの会員サイト内で使える
電子マネーです。

買い物などにも使えるので基本的にチャージしていても損はしないかと。
ただGMOとくとくBBの会員を退会すると意味がなくなるのでそこには注意を。

かなり便利そうに思えるBBウォレットでの支払いですが、これを使うためには
さらに注意点がありました。

GMOとくとくBBの申込みはクレジットカードのみ

GMOとくとくBBでWiMAX2+の申込みをする場合、支払い方法として選べるのは
クレジットカードのみです。

BBウォレットを使った支払い方法に変更するためにはGMOとくとくBB会員に
なった後で会員専用サイトを使って変更します。

つまりWiMAX2+を契約する時にGMOとくとくBBの場合は必ずクレジットカードが
必要になるのです。

クレジットカードを使わない支払いをするためにはまずクレジットカードが必要
というかなり矛盾した状態です。

ちなみに似たような状況では@niftyもWiMAX2+申込時はクレジットカードが必須で
契約後、会員サイトで口座振替に変更ができます。

クレジットカード以外の方法で支払いが出来るところは多いのですが、申込みの時には
クレジットカードが必要なのであまり意味がないという状態です。

口座振替の書類のミスを利用してコンビニ払いをする

口座振替でのWiMAX2+の申し込み手続きは今でも利用できるプロバイダがあります。
そこで申込みをする時の書類をちょっとミスして手続きに時間をかけるという方法です。

特にUQ WiMAXでは支払い方法の確定前に端末の発送をしてくれます。
確定するまでは請求書での支払いを受け付けてもらえるのです。

この請求書はコンビニや金融機関での支払いが出来るので、書類が整わなければ
いつまでも請求書での支払いが出来るということに。

他のプロバイダの場合、支払い方法が確定してから端末発送というところもあるので
そこでこの方法を使おうとすれば、いつまで経っても端末が届きません。

今のところ確実に口座振替の申込み後に端末発送をしてくれるのはUQ WiMAXです。
この方法を使うならUQ WiMAXをおすすめします。

ただ気分的な問題として、いつまでも書類不備の状態が続くということに。
書類不備のペナルティがないので問題はないのですが・・・

気分的にスッキリしないという方にはおすすめしません。

請求書の発行には手数料がかかる

口座振替の手続を止める、という方法の問題点としては請求書の発行には手数料が
かかるようになるということです。

一応最初の数回は手数料無しで発行してもらえますが、3回目くらいから手数料が
150円くらい必要になります。

まあ口座振替でも手数料が発生するので元々口座振替を考えていたなら問題は
あまり感じないと思いますが。

それと最近は書類を提出せずにWEB上で全ての口座振替手続きが出来るという
会社も増えています。

つまり書類不備で請求書をもらいたいという場合にはわざわざ書類を郵送で
送ってもらう必要があるのです。

ちなみに書類の手続きで一番多い間違いが金融機関のお届け印の間違いだそうです。
まあ普通、自分の名前や住所を間違える人はいないですよねえ。

私も一度、口座振替の申し込みをした時に銀行お届け印が薄く、かすれていたために
再提出が必要になりました。

変な言い方ですが、この方法を使う時にはハンコのミスをするのがおすすめです。

WiMAX2+のコンビニ払いを普通に行う方法はない

現在のWiMAX2+の会社ではほとんどがクレジットカード必須、という状況です。
申込時に口座振替に対応しているところもかなり少なくなっています。

そしてコンビニ払いに対応しているところはありませんでした。
基本的にはイレギュラーな状態でのみ対応という感じです。

私のようなクレジットカードを作れない、または使いたくないという人が
WiMAX2+の申込みをするなら口座振替を使うということになりそうです。

まあ口座振替でも手数料はかかりますし、キャンペーンなども変わってしまうので
あまりお得感が無いというのが本音ですが。

コンビニ払いでの申込みは出来ず、対応しているところも少ないのでこちらの方法を
使いたいというのはちょっと難しいとおもいます。

-クレカ・口座振替以外の支払い

Copyright© WiFi審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.