クレカ・口座振替以外の支払い

WiMAX2+の支払いにLINE Payを使うことは出来る?

投稿日:

携帯電話などの月額料金支払いで気をつけること、それは場合によって金融ブラック
という状況になってしまうことです。

私も以前、ソフトバンクの携帯料金の支払いが遅れたことがあります。
この時に端末分割料金の支払いも遅れたということになり、金融ブラックになりました。

この状態の何が困るって、新しくクレジットカードを作ることが出来ません。
仕事で必要になったモバイルルーターの契約が出来ないんですよねえ・・・

そこでモバイルルーターの契約にクレジットカード以外の方法が使えないか
調べてみることにしました。

WiMAX2+では支払いにLINE Payを使うことができない

契約しようと思っていたのはWiMAX2+というモバイルルーターの種類です。
でもWiMAX2+では支払い方法にクレジットカード必須というところが多いです。

そこでスマホ出に使えるチャージ型のプリベイドサービス、LINE Payでの契約を
出来るか確認してみました。

ちなみに私の支払いが遅れたのは前のことなので、現在スマホに機種変更は出来ています。
このスマホで支払いが出来るLINE PayでWiMAX2+の契約が出来ないのでしょうか?

結論から言うと出来ませんでした。
LINE Payはクレジットカードではなく普通のプリペイドカードと同じ扱いです。

現在ではWiMAX2+の加入申込時の支払い方法にプリペイドカードを選ぶことは
出来ません。

つまりLINE Payでの申し込みもできない、ということのようです。

LINE Payはバーコード決算ができる電子マネー

とりあえずLINE Payというサービスについて、もう少し詳しく確認してみます。
そもそもLINE Payではどんなことが出来るのか。

簡単に言えばLINE Payとはバーコード決算ができる電子マネーのサービスです。
スマホでバーコ度を読み取ってもらえば色々な支払いに使うことが出来ます。

当然LINE Payにチャージしてある金額までしか支払いはできませんし
店舗でもLINE Payに対応していなければ支払いが出来ません。

チャージに使える銀行などの金融機関はかなり多く、自動チャージにも対応しているので
普通の電子マネーと同じ感覚で使うことが出来るとおもいます。

ちなみにインターネット上の店舗での支払い、オンライン決済にも使えるので
ネットショッピングが多いという方には普通の電子マネーより使いやすいかと。

ICカードでのタッチ決済に比べるとちょっと手間がかかりますが、オンライン決済にも
使えるという魅力は高いとおもいます。

そして通信関係の特徴ならLINE mobileの支払いにもLINE Payは使えます。
これが大きな特徴だとおもいます。

格安SIMのLINE mobileの月額料金支払いにLINE Payが使える

大手キャリアの回線をレンタルして使う格安SIMはその月額料金の安さが魅力の
サービスです。

SIMフリーかレンタルしている回線に対応したキャリアの端末で使うことが出来て
現在様々なサービスがあります。

そんな格安SIMの1つがLINE mobileで、申込み時の支払い方法としてLINE Payを
選ぶことが出来るようになっています。

普通は回線契約の月額料金支払いにプリペイドカードのようなチャージ式の方法を
選ぶことは出来ません。

でも同じLINEで行っているサービスなのでLINE mobileでは珍しくプリペイドタイプの
サービスのLINE Payを使うことが出来るのです。

まあでもLINE Payを使えるのはやはり同じ会社のサービスだけのようで・・・
WiMAX2+を始め他の通信サービスでは支払い方法として選ぶことは出来ません。

デビットカードもWiMAX2+では使うことが出来ない

ちなみにLINE Payとはちょっと違うのですが、銀行口座から直接引き落としができる
デビットカードというサービスがあります。

クレジットカードのように国際ブランドからのサービスも提供されていて、使い方も
ほぼクレジットカードと同じような感じですが支払い方法が違います。

信販会社から一度お金を借りて支払いをしたあと、その金額を心配会社に払うのが
クレジット決済という支払い方法です。

これに対してデビットカードは自分の銀行口座から引き落としをして決済します。
キャッシュカードを使って買い物をしている、という感じでしょうか。

お金の流れはわかりやすくなるのですが、このデビットカードではWiMAX2+の
申込時の支払い方法として選ぶことは出来ません。

一部例外的に使えるところはあるようですが、基本的には使えなくなっています。
使い方はクレジットカードに似ているのですが支払い方法が全く違うので注意しましょう。

WiMAX2+で使える支払い方法はクレジットカードと口座振替

LINE Payが使えなかったWiMAX2+ではどんな支払い方法で契約が出来るのか。
基本的にはクレジットカードと口座振替を選ぶことが出来ます。

ただし現在口座振替で契約が出来るところはとても少なくなっています。
以前は多くのところから申込みが出来たようですが。

以前は口座振替で申込受付をしていたところがクレジットカードのみ受付可能と
変わっていて、現在はほぼクレジットカードが必須という状況です。

まあ一応口座振替での申込みもできるので、私のようにクレジットカードが作れない
支払いに使いたくないという方は口座振替での申込みになります。

ちなみに現在口座振替での申込受付をしているのはUQ WiMAXとBIGLOBEに
Broad WiMAXという3社だけです。

それぞれの会社の特徴などを確認してみることにしましょう。

WiMAX2+の本家と言われるUQ WiMAX

WiMAX2+の回線を提供しているUQコミュニケーションズがやっているのが
UQ WiMAXという会社です。

回線を提供している企業が行っているサービス会社なのでWiMAX2+の本家と
呼ばれることも多いです。

まあ回線提供元がサービスをしているので、基本的にWiMAX2+で利用できる
全てのサービスがそろっています。

当然支払い方法もクレジットカードのみ、なんてことはなく口座振替でも
申し込みが出来るようになっています。

サービス内容も充実していて安心できるのですが、月額料金の割引がほとんどなく
端末購入も本体0円などのサービスがありません。

安心して使えるのですがお得感がない、これがUQ WiMAXの特徴です。
ちなみにキャンペーンもほぼ展開されていません。

とにかくお得になることよりもサービスや対応重視、という方にはおすすめですが
割引などを期待する人にはおすすめできません。

キャッシュバックもあってお得感が高いBIGLOBE WiMAX2+

大手会社のBIGLOBEでもWiMAX2+をサービスしています。
それがBIGLOBE WiMAX2+です。

こちらの魅力は高額キャッシュバックがもらえること。
しかも口座振替でもキャッシュバックの適応があるというのはかなり嬉しいです。

ただし口座振替で申し込みをするとキャッシュバックの金額が下がるので
お得感で言えばクレジットカードのほうが高いのですが。

あとは口座振替の場合は振替手数料として月額料金に200円プラスされます。
クレジットカードよりも月額料金が高くなる、という印象です。

まあ月額料金の割引などもあるので、トータルコストを考えるならUQ WiMAXより
お得になるかもしれませんが・・・

口座振替でもWEB上で手続きが完了できるなど口座振替での申込みでも色々な
サービスが利用できるのはとても便利だとおもいます。

端末発送は早いけどかなりコストがかかるBroad WiMAX

WEBからの申込みではモバイルルーター端末が郵送になるので、店頭での申込みより
実際に使えるようになるまでの時間がかかることになります。

そんな端末発送までの時間があまりかからないという魅力がBroad WiMAXにはあります。
最短当日の受け渡しが可能になります。

まあ当日に端末を受け取るためにかなり条件が必要になりますので、誰でも簡単に
使えるサービスではありません。

そしてBroad WiMAXで一番気になるのは口座振替の場合は初期費用という謎のコストが
割引されないこと。

Broad WiMAXには他の会社にはない初期費用という出費があるのです。
これが18,857円とかなり高額です。

クレジットカードでの申込みならこの初期費用が実質0円になるキャンペーンが
あるのですが口座振替ではそれが適応されません。

それに端末発送までの時間もかかるのでBroad WiMAXの魅力がほとんどありません。
口座振替でBrad WiMAXに申し込みをするのはおすすめできません。

LINE Payを使うならWiMAX2+ではなくSIMフリー端末でLINE mobileを使う

銀行口座があれば使えるプリペイドタイプの電子マネー、LINE Payは私のような
ちょっと失敗をしたことがある人にもおすすめできる決算方法です。

まあスマホを持っていることや講座があること、その口座に残高が残っていることなど
条件もありますが。

対応店舗も増えているので、確かに使いやすい電子マネーになっているとおもいます。
ただし通信関係の支払いにはほぼ使う事ができません。

どうしてもLINE Payを使いたいならSIMフリーの端末などを使ってLINE mobileを
契約するという方法になります。

まあこの方法でもLINE Payの残高を気にしておく必要があるなど注意点はあるのですが。
WiMAX2+などモバイルルーターで使うのはちょっと難しいとおもいます。

-クレカ・口座振替以外の支払い

Copyright© Wi-Fi契約審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.