未成年・学生

WiMAX2+に未成年が申し込むときは口座振替しか方法がない?

投稿日:

外出先でもインターネットを使えるモバイルルーターはとても便利です。
私も仕事の関係上、外でインターネットを使うことは多いです。

まあ仕事に関係なくても、大学生くらいになれば広いキャンパス内でインターネットを
使いたいという人も多いのかと。

そんな時に便利なモバイルルーターですが、未成年でも契約できるのでしょうか。
WiMAX2+という機種の契約についてちょっと調べてみることにしました。

WiMAX2+では基本的に未成年が親の同意なしに契約はできない

まずはWiMAX2+の契約について。
未成年者が普通に申込みをすることは出来るのでしょうか。

調べてみたのですが、基本的に未成年者が契約する場合には親権者の同意が必要
ということになっています。

まあWiMAX2+も普通の回線契約が必要なので、どうしても契約という形式のため
未成年者が自分の判断で行うことが出来ないのです。

つまり必ず親などの同意が必要になり、同意書の提出や立ち会いが必要。
というのが現在の状況です。

では未成年者は契約が出来ないのか、というとそういうわけでもなく
WiMAX2+の会社によっては未成年者の名義で契約することも出来ます。

では未成年がWiMAX2+を契約する方法の確認をしてみましょう。

親に頼んでWiMAX2+を契約してもらう

一番簡単な方法は親などの親権者に頼んでWiMAX2+を契約してもらって
それを借りて使うという方法です。

まあ当然契約者は親などで名義もそちらの人になります。
支払いも契約する人の名義のクレジットカードなどを使うことになります。

単純に人が契約したたん松を使うというだけなので、厳密に言えば
未成年者が契約してはいないのですが。

無駄な手間もなく、余分な提出書類もありませんが親のすねをかじっている
という状態なので不満な人は多いかと。

この方法の場合は月額料金の支払いなど、別に相談が必要になることも
多くなると思います。

親権者の同意書を提出して申込みをする

WiMAX2+の会社によっては未成年者の申込みでも親権者の同意書があれば
受付できるというところがあります。

対応の仕方はそれぞれ違うのですが、基本的に申し込みの時に同意書の提出をして
未成年者名義で契約をするという形になります。

親権者の同意書は公式サイトからダウンロードする、WiMAX2+の会社に連絡して
郵送してもらうなど会社によって対応が違います。

同意書を提出すると、そこに書かれている住所か連絡先に連絡が行きます。
回線契約をすることへの同意を確認されるので、必ず親権者の同意をもらいましょう。

勝手に書類を作って内緒で提出しても確実に親権者にはわかります。
必ず連絡が行くので内緒で契約することはまず無理です。

支払い方法はそれぞれの会社によって違う

親権者の同意書を出して契約する場合の月額料金の支払い方法は、その会社の対応で
ちょっと変わってきます。

申込みをする未成年者の口座を使った口座振替をするところもありますが
親権者名義のクレジットカードの登録が必要というところもあります。

同意書を提出することで保証人になった、ということになるので月額料金の支払いは
基本的に会社の考え方によって大きく変わってくるようで。

保証人がいるなら本人の口座から自動引落をしても問題ないというところもあれば
保証人がいても収入の不安定さがあるので親権者から支払いを、というところも。

月額料金の支払い方法はWiMAX2+の会社の中でもかなり違っています。
契約する前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

未成年者でも作れるクレジットカードを使って申込みをする

クレジットカードの中には学生でも作ることが出来る、いわゆる学生カード
という物もあります。

これを使ってWiMAX2+の申込みをすると、会社によっては親権者の同意書の
提出をしないでも契約できるところがあります。

ただし学生カードを作る時には信販会社に親権者の同意書を提出することが
必要になります。

つまり学生でも使えるクレジットカードを作る時に親権者の同意が必要で
それをすでに行っているからWiMAX2+では同意書が必要ないだけなのです。

まあやはりどうやっても親権者の同意が必要になるので、勝手にWiMAX2+を
未成年が契約することは出来ないということになります。

未成年者が支払うなら基本的に口座振替のみ

では未成年者が契約する場合の月額料金の支払い方法について確認してみます。
未成年者本人が支払いをする場合は基本的に口座振替のみです。

まあ未成年者、と言っても大学生になれば学生カードが作れるのでそちらを使えば
クレジットカードでの支払いも可能です。

学生カードを作る時に信販会社に親権者の同意書を提出して、この場合は
親権者、つまり親の個人信用情報を審査されることになりますが。

学生カードは基本的に大学生が作るので、アルバイトをしていても学生です。
フリーターなどの職業になるわけではないので注意しましょう。

ちなみに未成年者がWiMAX2+の契約をするときも学生なら職業は学生です。
アルバイトをしていても学生なので記入を間違えないようにしましょう。

この学生カードを持っていないなら未成年者の支払いが出来る方法は口座振替のみ。
WiMAX2+ではデビットカードの利用は出来ないので・・・

今でも一部の会社ではデビットカードを使って申し込みが出来る、という噂があります。
でも大々的に案内をしているところは無いというのが現状です。

デビットカードなら未成年でも金融機関の口座を持っていれば作れるので
支払い方法に使えるなら便利だと思うのですが。

現在は未成年者が支払いをする方法としては口座振替を選ぶことになります。

契約者が親なら親の口座やクレジットカードを使う

親権者の同意書を出して未成年者名義で契約する場合に、親のクレジットカードや
口座での口座振替が出来るのか。

これは基本的にWiMAX2+の会社によって対応が変わりますが、基本的に申込者と
口座の名義人が違う場合は受付ができません。

まあ未成年者が申込みをするという時点で普通の状況ではないのですが。
普通の状況ではないので対応は会社によって変わってくるのです。

それ以前に親の口座やクレジットカードを使うなら申込みを親にしてもらって
そのWiMAX2+を渡してもらったほうが話は早いのですが。

WiMAX2+の会社の中には19歳から申込み可能になるので注意

月額料金の支払いではないのですが、WiMAX2+の年齢制限について。
契約なので基本的には高校生が不可、大学生になる18歳から申込み可能です。

ただし会社によっては更に高い年齢制限をかけている場合もあります。
Broad WiMAXは19歳にならないと契約申し込みが出来ません。

しかも未成年なので親権者の同意も必要です。
会社によって年齢制限に違いがある場合もあるので注意しましょう。

口座振替の審査は未成年だから難しいということはない

もう一つ、未成年の場合は支払い方法として口座振替を選ぶことになりますが
口座振替では一応審査、というか確認作業が必要です。

通常の口座振替での申込みの場合は、申込者と金融機関の口座名義人が同じ人なのか。
口座は健全に動いているのか、ということを確認されます。

場合によっては定期的に入金があるかなども確認されるようですが。
これは基本的に未成年の場合でも変わらないようです。

未成年の場合は公共料金の支払を自分でしている、という人も少ないので
それらが滞納されているということもないはずですし。

借り入れが多く返済が少ないなどの審査が厳しくなるようなこともないので
ほぼ問題なく確認作業は終わると思います。

未成年だからといって特別厳しい審査をされる、という話は聞いたことがありません。

学割プランが使えるところはほぼ無い

学生でも契約が出来る、ということはわかったのですがその学生に向けての
キャンペーンなどはないのでしょうか。

例えば学割が使える、という感じなら未成年者の申込みもしやすいと思うのですが。
探してみると学割プランなどのキャンペーンはほぼありませんでした。

以前は多少学割が使える会社もあったようですが、今ではBroad WiMAXのみです。
学生でも使いやすい、と宣伝しているところはあるのですが割引がありませんでした。

まあ未成年者が契約できる会社自体が少ないので、学割を展開する意味もあまりない
というのが正直なところでしょうか。

ポケットWiFiも未成年者名義での契約が出来る

モバイルルーターにはWiMAX2+の他にもポケットWiFiという機種もあります。
こちらはY! mobileから契約できるモバイルルーターです。

ではこのポケットWiFiでも未成年者が契約は出来るのでしょうか。
確認してみたところ、やはり親権者の同意があれば契約することができます。

しかもY! mobileでは格安SIMとスマホの取り扱いもあるので中学生や高校生でも
申込みをすることが出来ます。

まあ当然親権者の同意が必要で、未成年の場合はショップでの対面契約が必要です。
つまり親と一緒にショップに行って契約することが必要になります。

一応同意書の提出で親と一緒に行かなくても契約はできるのですが、WiMAX2+と
同じ様に同意書の親権者に連絡が行くようになっています。

やはり親権者に内緒で契約はできないので、せっかくなら一緒に行ったほうが同意書の
記入も必要ないので楽になるかなと。

ちなみに月額料金の支払いは未成年者の口座振替で契約が出来ます。
口座振替での申込みはやはり店頭申込が必要なので必ずショップに行くことになります。

未成年者でもモバイルルーターの契約はできる

色々と確認をしてみると、確かにちょっと面倒な手続きは多いのですが未成年者でも
モバイルルーターの契約をすることは出来ます。

ただしどんな方法でどんな機種を選んでも必ず親権者の同意が必要になります。
一人で勝手に契約することは出来ません。

そして多くの方法でかなり書類が必要になるので、面倒くさいです。
できれば親に申し込みをしてもらって、月額料金は親に払うという方法が楽です。

まあもう少しだけ我慢をして成人すればクレジットカードの申し込みができるので
そちらを使ったほうが便利になると思いますが。

特にWiMAX2+ではクレジットカード必須という会社も多く、そちらでは
新規加入特典やキャンペーンがかなり豪華です。

契約できるところも増えて選択肢も多くなるのでおすすめしやすいのですが。
未成年のときから親の力を借りずに契約したい、という気持ちもわかります。

ただ未成年者の申込みは条件が厳しくなる場合も多いので、申込みの前に
しっかりと条件などの確認はしておきましょう。

-未成年・学生

Copyright© WiFi審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.