WIMAXの審査

WiMAX2+は金融関係のブラックリストに載っていても契約できる?

投稿日:

私は以前、借金の返済を滞らせたことがあります。
まあこれは携帯電話の月額料金の支払いが遅れた、ということですが。

携帯電話、スマホなどを買い替えたときに割引を使って実質0円購入をしたとしても
その端末代金の支払は実際に行われているのです。

それは携帯キャリアの場合は月額料金の支払いと合わせて行われているので
月額料金を滞納した場合、分解で購入した端末代金も支払いをしていないことに。

分解購入した代金を月額料金割引で実質0円にしていても、支払いは必要です。
そのためにこの状態では分割料金の支払いをしていないという状態になります。

これがクレジット購入の支払いが滞った、と判断されその情報は個人信用情報に
記載される、これが金融ブラックという状況です。

金融のブラックリストに載っていてもWiMAX2+の契約はできる

金融関係のブラックリストに載っている状態、いわゆる金融ブラックという状態では
クレジットカードを新しく作ることは出来ません。

支払いの滞納がある、という個人信用情報のために審査に落とされることになります。
ではこのような審査があるものは何も契約できないのでしょうか。

よく言われるのはインターネットの回線契約、特にモバイルルーターの契約では
審査があってそれに合格しないと契約できないということです。

確かにモバイルルーターの申込みを断られたという話はよく聞きます。
では審査に落ちるのはブラックリストに載っているからでしょうか。

実はモバイルルーター、WiMAX2+という機種の契約を私はブラック状態の時に
出来ているのです。

つまり金融ブラックでもWiMAX2+の契約は出来るのです。
ただしちょっと方法が限定されることになりますが。

それと金融ブラックではないのですが、ブラックリストに載っていると
モバイルルーターの契約は難しくなります。

これらWiMAX2+など回線契約とブラックリストの関係について、ちょっと
確認してみることにしましょう。

通信関係のブラックリストに載ってしまうと契約は難しい

クレジットカードを作る時には、その人に支払能力があるのかを確認します。
そこで使われるのが個人信用情報というものです。

こちらには種類がありますが、基本的に分割購入をするとか借金をするとか
そのお金のやり取りと返済について記載されます。

渡しの場合のように分割購入した買い物の返済についても記載がされて
返済が滞ればそれも記録として残されることになります。

そして返済が滞ったことがある、という記載が個人信用情報にあれば
クレジットカードを発行する信販会社としては信頼ができない、と判断することも。

ただこの個人信用情報をWiMAX2+など回線契約の時に見るか、と言われると
それはかなり疑問だとおもいます。

個人信用情報を見ることは誰でも出来ますが、見るためには手数料が必要で
しかも情報をもらうのに時間がかかります。

安くないコストと時間をかけてわざわざ個人信用情報を見る必要があるとは
あまり思えないのですが・・・

そのかわりに回線契約の場合は別の情報、電子通信事業者組合の情報をみて
判断することが多いです。

こちらは通信関係のブラックリスト、という感じでしょうか。
過去の通信費の支払いに関する情報が共有されているのです。

つまり過去に光回線や携帯電話などの通信にかかる月額料金を滞納したことがある
という記載があるとモバイルルーターの契約などが難しくなります。

特に未払いの月額料金があると確実に契約を断られます。
こちらはほとんどのモバイルルーターや回線提供会社で見ているとおもいます。

電子通信事業者組合の情報はすぐに消せるものも

ただ電子通信事業者組合で共有している情報には金融ブラックリストのように
最低5年間は記載を続ける、というような長期間の記載がないものもあります。

特に未払い料金に関しては料金の支払いが終わればすぐにでも消えるようで。
以前に好み払に関係した話を聞いたことがあります。

その人は家電量販店でWiMAX2+の契約をしたそうですが、申込みで断られたのです。
その理由を聞いたところドコモの携帯の未払い料金がある、と言われました。

本人はドコモを使っていなかったのですが、以前奥さんに頼まれてちょっとだけ
ドコモの携帯を使ったことがあるそうです。

自分とは別の口座に奥さんがお金を入れて使っていたそうですが、解約した時に
最後の月額料金分の入金を忘れていたようで。

その未払いがあるためにWiMAX2+の契約が出来なかった、ということですぐに
近くの銀行で口座に入金して支払いを済ませたそうです。

その後1時間もしないうちにWiMAX2+の契約が出来たので通信ブラックの情報は
すぐに消せるものもある、ということだと思います。

ちょっと特殊な例ですが、普通の人でも通信関係のブラックリストに載っていると
新規契約が出来ないということもあるのです。

金融のブラックリストに載っている状態でWiMAX2+を使うなら口座振替

では現在金融ブラック、普通のブラックリストに載っているという状態の人が
WiMAX2+を契約するにはどうすればいいのか。

今のWiMAX2+の会社は多くがクレジットカードを月額料金の支払いに使うことで
簡単に契約が出来るようになっています。

金融ブラックでも使えるクレジットカードが有るなら、それを使って契約すればいい
ということなのですが・・・

まあ普通は金融ブラックの人がクレジットカードを使うのは難しいと思います。
そこでクレジットカードを使わずにWiMAX2+の契約をする方法を調べてみます。

以前はデビットカードでもWiMAX2+の契約が出来たのですが、現在使える会社は
一つもありませんでした。

でももう一つ、口座振替という方法で月額料金の支払いが出来ます。
これが使える会社なら金融ブラックでも申し込みが出来るのです。

では口座振替とはどんな方法なのか。
もう少し詳しく確認をしてみましょう。

一般的には口座振替のほうが審査は厳しいと言われる

口座振替とは毎月の月額料金を金融機関の口座から自動引落する支払い方法で
契約の時に口座の確認をすることになります。

この口座の確認がクレジットカードのような審査、という印象になるのか
審査に落ちた、通ったという言われ方をします。

実際には金融機関の口座と申込者の情報の確認をしているので、クレジットカードの
入会審査のようなことはしません。

していたら私が金融ブラックの時に口座振替でWiMAX2+を使うことは出来ないはず。
契約できたということはやはり個人信用情報は見ていないのだと思います。

では何をしているのか。
それは先程書いたとおりに申込者と口座名義人の情報を合わせてみているのかと。

後は口座が健全に動いているか、場合によっては残高の確認もされると言われています。
確かに料金の支払いに直結するのでWiMAX2+の会社としても真剣に確認をします。

ただどんなことを審査しているのかは具体的にはわかりません。
ただブラックリストに載っていても、申し込みが出来るのは確かです。

WiMAX2+の会社で口座振替を使えるところは少ない

金融ブラックでも申し込みが出来る口座振替ですが、現在この口座振替を
申込時の支払い方法として選べるところはかなり少なくなっています。

WiMAX2+の契約が出来る会社はかなり多いのですが、そのほとんどが
クレジットカード必須という状態です。

口座振替で申し込みが出来るところはかなり少なくなってしまいました。
ただ全く無くなったというわけではないので。

でも口座振替での新規加入者集めに多くのところがあまり真剣ではなく
会社によっては明らかにクレジットカードを使うほうがお得になります。

新規加入特典なども少なくなり、わかりやすいところではキャッシュバックの
金額が少なくなるというところも。

まあ口座振替の場合は口座の確認が必要で、そのための書類や確認の人件費
書類郵送の時間等も必要になります。

最近では口座振替でも全てWEB上で出来るというところもありますが。
それでも手間とコストがかかるのであまり会社としては好ましくないのかも。

金融のブラックリストでも大丈夫だが通信ブラックには注意

金融のブラックリストに載っている状態でもWiMAX2+に関しては口座振替で
契約をすることが出来ます。

ただし契約に使う口座にはちゃんと残高が残っていること。
それにあまり公共料金の支払いが遅れていると断られることもあるようです。

それと通信関係の滞納や未納に関しても、同じ通信契約のWiMAX2+では厳しくなります。
特に未納料金がある場合は絶対に契約できないと思います。

普通は審査に通らなかった理由を聞くことが出来ないので、通信ブラックの状態を
自分で把握することは難しいのですが。

とりあえず通信関係の情報は共有されているので、普段からモバイルルーターや
スマホなどの月額料金の滞納や遅延はしないように気をつけましょう。

-WIMAXの審査

Copyright© WiFi審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.