ネクストモバイル

ネクストモバイルの申し込み時の審査ってどう?

投稿日:

外出先でもインターネット接続ができるモバイルルーターはとても便利です。
でも最近では申込みにクレジットカードが必須というところが増えています。

私は以前ソフトバンクの携帯端末の月額料金支払いを滞納したことがあり、それが原因で
金融ブラックになっています。

この状態ではクレジットカードが作れないのでモバイルルーターを申し込むのも
ちょっと大変だったのですが・・・

ネクストモバイルでは審査がほとんどない

金融ブラックの私でも使えるモバイルルーターが無いのか探してみたところ
ネクストモバイルというところを見つけました。

モバイルルーターとしては、ソフトバンク回線を使っていて全国広い範囲で
インターネット接続ができる回線を利用しています。

しかもクレジットカード以外にも口座振替での月額料金支払いが出来て
申込みのときにも口座振替を選択できるようになっていました。

口座振替は金融機関の口座から月額料金を自動的に引き落とす支払い方法で
以前はネット関係の月額料金の支払い方法としては多くのところで使えました。

でも最近では口座振替での申込みが出来るというところが少なく、多くの場合に
クレジットカードが必須という感じです。

ネクストモバイルではこの口座振替での申込みともう一つ、審査がほとんどない
という話を聞きました。

ネクストモバイルの新規加入時の審査について、ちょっと詳しく確認してみます。

クレジットカード支払いなら審査が必要ない、と考えるところは多い

まずはクレジットカードでの月額料金を支払う場合について。
この申込み方法では基本的に審査をしていません。

その理由はクレジットカードを作る時に信販会社が厳しく審査をしているから。
モバイルルーターの会社ではクレジットカードを作ることが出来る人と見られます。

このクレジットカードを作れる、という信頼はかなり高い社会的信用になります。
そのためにクレジットカードを使う人に対して審査をしません。

これはネクストモバイルだけでなく、多くのインターネット回線の会社で
同じように考えられています。

ただしそのクレジットカードが使える状態にあるというのが条件ですが。
クレジットカードの利用が止められていては意味がありません。

まあクレジットカードが使えない場合は支払い方法として選んでも使えないことは
すぐに分かるので申し込みの時点で落とされます。

クレジットカードでの申込みをする場合には使えるクレジットカードを
選ぶことを忘れないようにしましょう。

口座振替で申し込みをした場合、通信費用の支払いを確認される

ネクストモバイルでは口座振替でも新規加入申し込みが出来ますが、この時には
一応過去の通信関係の月額料金支払い状況を審査されます。

ネクストモバイルのチャットサポートで確認をしたところ、口座振替の場合には
過去の自社の支払状況を確認すると回答がありました。

元々スマホやインターネット回線などの支払い状況は電子通信事業者協会という
ところで過去の状況も含めて確認することができます。

基本的にモバイルルーターを含めてインターネットなど通信関係の申込みをする場合
こちらに申込者のデータを確認するのです。

ネクストモバイルでもその確認はするので、それが審査という感じでしょうか。
ただしあまり詳しくは確認しないようです。

基本的に自社の未払い料金がないなら審査には通る、ということですが・・・
一応キャリアなどの未払いがあれば完済しておくことをおすすめします。

モバイルルーターの審査に落とされる原因に考えられること

ネクストモバイルのサポートで聞いたところでは、ほとんど審査をしていない
という回答ですが全員と契約をするというわけでもありません。

審査で落とされる場合もあるのですが・・・
その詳しい理由を教えてもらうことは出来ませんでした。

そこでネクストモバイルだけではなく他のところでも、モバイルルーターの申込みで
審査に落とされた原因と考えられることを確認してみます。

ほとんど審査がないと言われているネクストモバイルでも、これらの理由があれば
審査に通らないという可能性も。

逆にこんな状況ではないのなら問題なくモバイルルーターの契約が出来ると思います。

スマホなどの月額料金の未払い、端末代金の不払いがある

私の場合もスマホの月額料金の滞納で金融ブラックになったのですが、月額料金を
未払いのままにしているとまず通信関係の審査には落ちます。

先程の電子通信事業者協会では月額料金未払いの人の情報を共有しているので
インターネットなど通信関係の契約はかなり難しくなります。

まあ未払いの料金を支払えばすぐにでも「未払い」という状態は解除されるので
申し込みが出来るようになる可能性は高いです。

この月額料金には端末代金の分割料金が含まれていることも多いです。
また途中解約をした場合に端末代金の支払いを求められるということも。

こちらの支払いも終わっていない場合にはしっかりと記載されてしまうので
これらの料金の未払いがあるならすぐに支払いを済ませましょう。

短期間で解約を繰り返した場合も審査に落ちる可能性が高い

モバイルルーターの新規加入特典などでキャッシュバックがもらえるという
キャンペーンがありました。

かなり高額のキャッシュバックがもらえたので、途中解約の違約金を払っても
乗り換えをしたほうがいいという状況もありました。

当時これを何度も行っていると、キャッシュバック目当てのユーザーと見られて
入会を断られるということがありました。

この短期間に何度も解約をした、という情報も残っているので新しく申込みをしても
やはり断られてしまうという可能性があります。

この場合、情報が最大5年間消えないので、これが原因と思われるなら最後に
解約をしてから5年間は審査に通らないことになります。

まあ1回早期解約をしたくらいでは申込みを断られることはないと思いますが。
何度も解約をしたことがある人はこの原因を疑ってみましょう。

金融ブラックはあまり審査に影響しない

私のような金融ブラックの場合、モバイルルーターの審査も通らないのでは?
と考える人は多いと思います。

でも実際に私はネクストモバイルで契約することが出来ました。
まあクレジットカードを作ることは出来ませんが。

現在金融ブラックという場合でも、実際に借り入れが複数あってその返済が
滞っているという状況でなければそれほど問題はありません。

口座振替を希望して銀行口座にほとんどお金が入っていない、という状況でも
口座振替での申込みに成功した人もいます。

モバイルルーターの場合は過去の金融ブラック状態ならあまり気にせずに
申込みをしてみることがおすすめです。

ただしこれはモバイルルーターの場合で、格安SIMでスマホ同時購入という場合は
大きく影響します。

スマホを分割で購入する場合にはやはり個人信用情報を確認されます。
ここで金融ブラックの場合、分割での購入ができないことが多いのです。

以前分割購入の支払いが滞ったという記録があれば、それが繰り返される可能性もある
と判断されて割賦払いの審査が通らないということも。

この場合は端末の一括購入をすれば大丈夫です。
どんな状況でも金融ブラックはあまり気にすることがないと思います。

ネクストモバイルを口座振替で申し込む時には色々と注意が必要

ネクストモバイルではほとんど審査がないために口座振替でも申し込みしやすい
と思います。

ただどんな状況でも口座振替で利用できるわけではなく、口座振替にすることで
ちょっと不利になる場合もあります。

そこでネクストモバイルでモバイルルーターを契約する場合に口座振替では
気をつけるべきことを確認していきたいと思います。

選べるプランが口座振替の場合は1つに限られる

ネクストモバイルのモバイルルーターは月間データ通信容量の上限を選ぶ形で
3種類の契約が出来ます。

20GBと30GB、50GBをそれぞれ上限にした契約で、それぞれの月額料金が
2,760円、3,490円、4,880円です。

50GBの場合は最初の12ヶ月だけ3,480円で使えるという割引もありますが
このプランのうち口座振替で申し込みができるのは30GBプランのみです。

20GBと50GBのプランは申し込みの時にクレジットカードが必須になります。
一番コスパのいい20GBプランが申し込みできないというのがかなり痛いです。

まあスマホのデータ定額パックの料金に比べると30GBでプロバイダ料金セットが
月額3,490円というのはかなりお得なのですが。

クレジットカードよりも余計なコストがかかる

もう一つ、口座振替でネクストモバイルのモバイルルーターを申し込んだ場合は
代引き手数料と口座振替の手数料がかかります。

端末発送はクレジットカードの場合には無料ですが、口座振替で申し込みをすると
代引で配送されることになります。

その代引手数料と回線契約の事務手数料3,000円を先に支払うことになります。
代引き手数料は340円程度ですがクレジットカードにはない負担です。

それに口座振替での支払いは月額料金に200円の手数料が加算されます。
つまりクレジットカードよりも月額料金が200円高くなるわけです。

口座振替の場合は色々な手数料がクレジットカードよりもかかってしまうようで
負担が大きくなるので注意が必要です。

提出書類の不備で審査に落とされるのはもったいない

口座振替での負担があるのですが、ネクストモバイルでは金融ブラックの状態でも
ほぼ審査がないので問題なく契約が出来るという魅力があります。

ただし通信関係の支払い実績は確認されるので、そちらで心配な方は最低でも
5年は間を空けて契約するようにしましょう。

でももう一つ、多くの方が審査で落とされていると思っていることに
提出書類の不備があります。

例えば口座の名義と申込者が違う、WEBでの申し込みで住所の変換ミスがある
本人確認書類の提出で写真の端が切れているなどです。

ネクストモバイルではWEBからの申し込みで口座振替の手続を完了させる
ということも出来るようになっています。

対応している金融機関の口座を持っていることが条件ですが、大手都市銀行なら
ほとんど問題なく無料で使えるサービスです。

この時に本人確認書類も一緒にWEBから提出できるのですが、この提出写真は
本人確認書類が全て写るようにしていなければいけません。

裏面にも記載があるなら裏面の写真も必要です。
これが揃っていない場合、書類の不備で審査に落ちてしまうのです。

まあその場合は書類の再提出で問題なければ契約ができるのですが。
余計な時間がかかるので、書類の提出は事前にきちんと確認をしておきましょう。

-ネクストモバイル

Copyright© Wi-Fi契約審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.