ワイモバイル

ワイモバイルのポケットWiFiって審査に通りやすい?

投稿日:

最近は固定回線のインターネットがまた見直されているようです。
色々なサービスも使えるようになっているとか。

でも仕事によっては外出先でインターネットを使うということも多いと思います。
私もトラック運転手なので、どうしても外出先でのネット環境が必要です。

そこでワイモバイルのポケットWiFiを使ってみたいのですが・・・
ワイモバイルって審査がゆるいって本当でしょうか?

ワイモバイルのポケットWiFiは金融ブラックでも審査に通る

実は私、以前にソフトバンクの携帯料金の滞納をしたことがあります。
スマホの代金も分割で月額料金と一緒に払っていました。

それが滞ったということでクレジットカードの分割支払の滞納という扱いに。
これが原因でいわゆる金融ブラックになっています。

まあ滞納分の支払いは終わっているので、後は個人信用情報機関の記載が
5年経って外れれば何も問題はないのですが。

こんな状態の私でもワイモバイルのポケットWiFiに申し込みをして契約が
出来るのでしょうか。

結論を言ってしまうと、問題なく契約することは出来るのです。

ただし申込み方法がちょっと限られてしまうのですが。
ではどうやって審査に合格するのか、もう少し詳しく確認してみましょう。

クレジットカードが使えればポケットWiFiは問題なく契約可能

ワイモバイルのポケットWiFiに限らず、モバイルルーターの申込みには
クレジットカードがあればほぼ問題なく契約が可能です。

当然利用可能なクレジットカードであることが条件ですが。
私は滞納した時に利用停止になってからそのクレジットカードが使えません。

そして金融ブラック状態なので新しいクレジットカードを作ることも出来ません。
ではこの状態でどうやってポケットWiFiの契約をするのか。

ワイモバイルではクレジットカードの他に口座振替で月額料金の支払いが出来ます。
この口座振替で月額料金を支払う申し込みをすれば金融ブラックでも大丈夫。

ただしどんな人でも口座振替なら契約ができるというわけではありません。
ちゃんと申込時に審査を受けることになります。

ただしポケットWiFiの申し込みの審査はクレジットカード入会のときのような
厳しい審査ではありません。

それに審査基準がわかっていればほぼ問題なく審査には通ります。
その審査基準を確認していくことにしましょう。

ワイモバイルは通信系の未払いがなければ基本的に大丈夫

ワイモバイルのポケットWiFiで審査が通らない原因になるのは基本的に
通信関係の支払いがされていない状況です。

例えば私の場合、以前にソフトバンクの月額料金滞納があります。
これがまだ滞納分の支払いが終わっていないなら多分審査に落ちることになります。

元々インターネット回線や携帯電話など、通信関係の料金未払い情報は
一般財団法人電気通信事業者協会というところで一括管理されます。

ここを参照して、現状未払いがあるような人は新しくインターネットや通信関係の
契約を断られることになります。

まあほとんどの場合は未払いの料金を支払えばすぐにでも新しい契約が出来る
という状態になるのですが。

一部では自社の未払い情報だけを参照する、ということもあるかもしれませんが
基本的にはどこの通信料金も把握することが出来るようになっています。

例えばドコモのスマホの未払いが残っていたとして、WiMAX2+に申し込んでも
そのドコモの未払い情報をWiMAX2+のプロバイダは見ることが出来るのです。

過去に滞納があったとしても、支払いをしていれば問題はないと思います。
まずは未払い料金をなくしましょう。

短期間で解約を繰り返した人は要注意

未払い料金がなくてもワイモバイルの審査に落とされた、という人がいました。
その状況を聞いてみると以前に短期間で解約を繰り返したことがあるそうです。

ワイモバイルではなくWiMAX2+の新規加入特典で高額キャッシュバックなど
お得な特典が利用できた時期が以前にありました。

この時に短期間で契約と解約を繰り返していろいろなプロバイダの特典をもらったことが
あるということでした。

解約違約金を払ってもキャッシュバックで全て相殺できるほど、一時期のWiMAX2+では
魅力的な新規加入特典が多くありました。

ただしこのような契約と解約を短期間で繰り返していた場合にはその情報も残っています。
これが原因で申込みを断られることもある、というのです。

一度の複数の端末の契約をして、それを一度に解約するなどもかなり危険だと思います。
ただしこれらの記録は5年間の保存なのでそれ以前なら記録が残っていない可能性も。

これが原因と思われる場合は、ちょっと時間をおいて申込みをしましょう。

申込み書類の不備でも審査に落とされることがある

口座振替に限らず、申込み書類の不備は審査に落とされることになります。
住所や名前の書き間違い、WEBの場合は変換ミスにも注意しましょう。

そして口座振替で特に気をつけたいのが口座名義と申込者名義の違いです。
基本的には申込者名義の口座から月額料金引き落としということになります。

つまり口座名義と申込者の名前が違うと審査に通らないという場合も。
未成年者の申込みで多く見られる失敗です。

インターネット回線などは利用契約になるので基本的に未成年者は親権者の同意が
必要なので勝手に契約申込みをすることが出来ません。

ポケットWiFiでもそれは同じで、未成年者が契約する場合には親権者の同意書を
提出する必要があるのです。

支払いが両親の口座になっていれば大丈夫、ということではありません。
後は口座の登録住所が申込み住所と違うという場合も審査に通らないことも多いです。

この場合は金融機関に住所変更等の情報更新をするようにしましょう。

ワイモバイルの口座振替は店頭申込のみ対応

では実際にワイモバイルのポケットWiFiを口座振替で申し込む時の注意点は
何があるのでしょうか。

一番の注意点としてはワイモバイルの場合、口座振替での申込みはポケットWiFiに限らず
全て店頭での受け付けになっていることです。

ワイモバイルは大手キャリアと同じく、ワイモバイルショップの展開をしています。
街で見かけることも多いと思いますが、そちらで直接申し込みが必要です。

WEBからの申込みはクレジットカード必須で口座振替では申込み手続きが出来ません。
口座振替で申し込みが出来るのはワイモバイルショップ店頭だけです。

ちょっと面倒くさいという印象ですが、公式サイトでも申し込みが出来ないので
これはしょうがないと諦めてもらうしか。

ワイモバイルショップ店頭申込ではキャッシュカードと本人確認書類が必要

では店頭で口座振替の申込みをする場合の必要書類等も確認してみます。
当然ですが本人確認書類が必要になります。

それと口座振替に使う金融機関の口座番号が必要なのですが、Pay-easy対応の
金融機関ならキャッシュカードだけで申し込みが出来ます。

口座振替で申込みをする場合、普通は銀行お届け印なども必要になりますが
このPay-easyというシステムではキャッシュカードだけで大丈夫なのです。

しかも口座振替の場合は書類の提出と確認作業があるので通常2週間程度の
時間が必要になります。

でもPay-easy対応金融機関の口座なら申込み当日に確認ができるのですぐに
端末をもらうことが出来るのです。

大手都市銀行はもちろん、地方銀行や一部信用金庫などもPay-easyに対応しているので
多くの場合、問題なくすぐに端末受け取りができると思います。

ワイモバイルのサイトでも対応金融機関の確認は出来るので、調べておきましょう。
対応していない金融機関の場合はキャッシュカードと銀行お届け印が必要です。

端末の分割購入をしなければ審査はかなり緩い

ポケットWiFiの場合はあまり関係ないのですが、ワイモバイルでスマホを購入する場合
端末の一括払いならほぼ審査を気にする必要はありません。

ワイモバイルではポケットWiFi以外にも格安SIMなど通信関係のサービスを
契約することができます。

その場合、本体を購入する必要があるのですが・・・
この購入に分割を選ぶと金融ブラックの場合ちょっと厳しくなります。

本体分割購入なら個人信用情報機関からの情報を参照することになります。
ここでクレジットカード支払いの滞納がわかると購入の申込みに失敗します。

端末購入が失敗すれば格安SIMの申込みも失敗ということに。
金融ブラック、またはその心配がある人は一括購入を選ぶようにしましょう。

ただこれはスマホなどの場合で、ポケットWiFiでは端末本体0円です。
つまり本体購入方法を気にする必要はありません。

ワイモバイルのポケットWiFiはそれほど審査が厳しくない

結論を言ってしまえばワイモバイルのポケットWiFi契約の審査は厳しくなく
ほとんどの場合、問題なく契約が出来ると思います。

ただし現在通信関係の未払いがある、過去に端末料金を払っていない
銀行への提出情報が古いままという人は注意が必要だと思います。

審査がゆるいと言われるワイモバイルでも審査がないわけではありません。
ただどんな審査基準かを知っていれば気をつけることは十分にできるのです。

それに単純に申込み書類の不備くらいなら、それを直してもう一度申し込めば
簡単に審査に通るということも多いです。

基本的に審査に通らなかった場合は問題点を教えてはくれませんが、未払いの料金
というくらいならすぐに解消できるので教えてもらえる場合も多いです。

特にワイモバイルの口座振替は店頭での対面契約なので深刻な原因ではない限り
教えてもらうことはできると思います。

私のような金融ブラックの状態でもワイモバイルのポケットWiFiの審査は通ります。
審査が心配という方もまずは申込みをしてみることをおすすめします。

-ワイモバイル

Copyright© WiFi審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.