クレジットカードなし

クレジットカードが無くても契約できる格安スマホはどこ?

投稿日:

私は以前、ソフトバンクの携帯端末の月額料金支払いが遅れて強制退会させられた
ということがあります。

一応その時の未払い料金はすべて支払っているので現在スマホを使えているのですが
仕事の関係上、スマホのデータ通信容量が足りなくて困っています。

トラックの運転手をしていると地図で配達場所の位置確認をする、休憩時間に
動画を見る、道路交通情報で渋滞の確認をするなどスマホを使うことが多いです。

でも大容量のデータ定額パックは高いのでできれば使いたくない。
でもデータ通信容量は足りない、というとても困った状態です。

そこで格安SIMを使ったスマホに注目をしているのですが・・・

クレジットカードなしで契約できる格安スマホはある

携帯電話の料金支払いが滞ってしまうと、その時に一緒に端末の分割料金を
支払うためにクレジット払いの滞納という状況になります。

これがいわゆる借金返済の滞納という扱いになるので、金融ブラック
つまり個人信用情報機関には滞納経験ありと記載されてしまうのです。

借金の返済が滞ったことがある人は新しく信販会社などからの借金が出来ない
つまりクレジットカードを作ることができないという状況になります。

そしてスマホなど通信関係の契約をする時にクレジットカードが必須という
ところが多く、新しく契約することができないという場合も。

でも格安スマホ、格安SIMの契約にはクレジットカードを使わずに出来るものも
多くあります。

そこでクレジットカードなしでも契約できる格安スマホを調べてみることにしました。

まあ基本的には格安SIMでSIMフリーのスマホに使えるという契約も含めて
クレジットカードなしで契約できるものを探してみたいと思います。

月額料金の支払いに口座振替を使う方法

クレジットカード以外の月額料金支払いというのはどんな方法があるのか。
以前は主流だった口座振替が今でも使える格安SIMがあります。

口座振替とは月額料金を指定した口座から自動的に引き落とすという方法です。
以前はインターネットの料金支払いもこれでできるところが多くありました。

当然今でもプロバイダの中には口座振替で申し込みが出来るところも多くあります。
そして格安SIMを提供しているところでも口座振替が使えるところも。

ただ現在かなり多くなっている格安SIMや格安スマホ、モバイルルーターでも
口座振替で申し込みが出来るところはかなり少なくなっています。

クレジットカード支払いのようにどこでも選べるという状況ではないのですが
クレジットカードなしでも契約できるというのはやはり魅力になっているようです。

デビットカードで月額料金の支払いが出来る場合もある

最近多くのサービスが始まっている、銀行口座から直接引き落としをして買い物などの
支払いができるのがデビットカードです。

国際ブランドのJCBやVISAなどもサービスを行っていて、一見すると普通の
クレジットカードのようです。

カード番号などもあるので、それを記入すればネットショッピングにも使えます。
ただクレジットカードと違うのは信販会社を通さず口座から直接引き落としされること。

感覚的には金融機関の口座直結の、預金残高が支払い上限額のカードという感じです。
これを月額料金の支払いに使える格安SIMもあります。

ただしデビットカードを使えるところは口座振替が使えるところよりも少なく
使えるデビットカードの種類もかなり限定されます。

メリットとしてはデビットカードを作るためにはクレジットカードのような審査がなく
金融機関の口座とそこに預金があれば誰でも作れることです。

金融ブラックの方でも作れるのでクレジットカードを作れない人にはかなり便利な
カードとなっています。

口座振替で申し込みが出来る格安SIMと格安スマホ

では実際に申し込みの時に口座振替を選べる格安SIM、格安スマホを見てみましょう。
ただ口座振替で申し込みが出来る、というのもちょっと複雑です。

WEBで申込みをする時に口座振替を選べるというだけではなく、ショップでの
申込みのみ口座振替が選べるというところもあります。

それにSIM契約には口座振替が使えるけど端末購入には口座振替が使えない
という場合もあります。

後は契約するプランによって口座振替での申し込みができるなど・・・
なんだかかなり複雑という印象でした。

LINEモバイルはLINE Payならクレジットカード不要

最近テレビのCMでもよく見かけるのがLINEモバイルです。
無料通話アプリのLINEが行っている格安SIMのサービスです。

こちらは直接的な口座振替ではなく、LINE Payというプリペイド式のカードによる
月額料金の支払いに対応しています。

LINE Payは最近多くなっているチャージ型の電子マネーで、スイカやパスモのように
店舗によっては支払いに使うことが出来ます。

スマホなどのアプリでの支払いもできるのですがLINE Payカードとして支払いも
出来るようになっています。

このLINE Payを月額料金の支払いに使えるのがLINEモバイルです。
当然LINE Payの残高が足りなければ月額料金の支払いができなくなります。

一応残高が月額料金以下の場合は事前にメールなどで連絡が来るので、メールが来たら
すぐにチャージするようにしましょう。

それとLINE Payはすぐに登録ができないので、こちらで申込みをしたいなら先に
LINE Payへの登録をしておくことをおすすめします。

Y! mobileは端末購入も口座振替で支払いが出来る

モバイルルーターなどのサービスも行っているY! mobileでも格安SIMとスマホ本体の
契約や購入が出来るようになっています。

そしてY! mobileでは格安SIMの月額料金支払いと合算しての端末購入金額の
分割払いのみ口座振替での支払いが出来るようになっています。

つまりSIMカードの月額料金支払いと合算した端末購入代金の分割料金は
口座振替で一度に支払いができるのです。

ただし申込みは店頭だけでWEBからの申込みでは口座振替を選ぶことが出来ず
こちらはクレジットカードが必須となっています。

まあY! mobileショップは普通の携帯ショップと同じように結構多く見かけるので
店頭での契約もそれほど問題にはならないかと。

ただしWEBのようにいつでも気軽に契約が出来る、というわけでもないので
一応手間がかかる方法ではあります。

MNPのみが口座振替対応のUQモバイル

こちらもモバイルルーターで有名なUQコミュニケーションズが提供している
格安SIMのUQモバイルです。

Y! mobileと同じように月額料金支払いと合算されている端末支払料金だけは
口座振替での支払いが出来るようになっています。

また選べるプランも全てが口座振替で支払いが出来るというのもY! mobileと同じですが
WEBからの申込みはMNPを使った乗り換えのみとなっています。

今使っているキャリアのスマホを契約したまま、新しく格安SIMを契約したいなら
店頭での契約が必要になります。

UQモバイルのショップはY! mobileよりも探しにくいので、ちょっと大変という
印象でした。

データ通信専用SIMのみ口座振替対応のBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは新規加入申し込みで口座振替の支払いが選べるのは
データ通信専用SIMです。

通話もできるSIMの新規申し込みはクレジットカードが必須です。
またSIMフリー端末の同時購入をする場合もクレジットカードが必要になります。

通信に使う回線はドコモとauの2回線から選んで契約ができるので、今使っている
スマホのSIMカードを差し替えて使うという使い方になるかと。

ただし今BIGLOBEで何か他に通信サービスを使っている、例えばモバイルルーターや
光回線のプロバイダとしてBIGLOBEを選んでいる場合は別です。

BIGLOBEの月額料金は全て合算して支払いができるので、他のサービスで
口座振替を使っているならそちらと合算して月額料金の支払いが出来ます。

新規で通話SIMを契約、SIMと同時に端末購入をしても口座振替で支払いができます。
ただし口座振替では手数料が200円、毎月必要になるのでコストが高いです。

書面での契約が必要なOCNモバイルONE

大手NTTグループのOCNでも格安SIMとスマホのセットを販売しています。
それがOCNモバイルONEです。

ただこちらの場合、インターネット上からの申込みではクレジットカードが必須です。
口座振替で申し込みをするには書類を郵送してもらう必要があります。

郵送された書類に必要事項を記入して返送、その後でSIMカードなどが郵送される
という形なので実際に使えるようになるまでかなり時間がかかります。

そして口座振替での申込みにはまずこの書類を郵送してもらうために電話などの窓口で
申し込みが必要になります。

選べるプランも多く日本最大手クラスのプロバイダなのですが、口座振替で申し込むには
かなり時間がかかるという印象です。

デビットカードで申込み可能な格安SIMと格安スマホ

口座振替での申し込みが出来る格安SIMや格安スマホはかなり多いという印象です。
ただしそれぞれに条件などがあり、ちょっと面倒ですが。

ではもう一つのデビットカードが申し込みに使えるところはどれだけあるのか。
またどんなプランを選べるのかも確認してみましょう。

一応全体的に、確実にデビットカードが使えるというところは少なくなっています。
特定のブランドのみとか一部のカードのみとか、こちらも条件は多い感じでした。

楽天銀行とスルガ銀行のデビットカード対応の楽天モバイル

公式サイトではっきりと明記されているのは楽天モバイルです。
名前のとおりに楽天グループの格安SIMと格安スマホです。

ただし公式サイトでは楽天銀行とスルガ銀行のデビットカードは申込みに使えます。
とあるだけで他のデビットカードに関しては明記されていません。

というかはっきり言えば使えない可能性のほうが高いです。
まあ一応チャレンジしてみるというのも一つの方法だと思いますが。

ちなみに楽天モバイルは口座振替にも対応しています。
デビットカードがないなら口座振替もおすすめです。

時間をかけずに確実に申込みたいなら楽天銀行かスルガ銀行のデビットカードを用意して
申し込みをするようにしましょう。

電話で確認が必要なmineo

公式サイトからの申込みでは一応クレジットカードを用意する、とあるのですが
電話で確認すればデビットカードも使えると言われているのがmineoです。

最近は大手3キャリア全てに対応している格安SIMとして注目されていますが
こちらでもデビットカードの利用ができると言われています。

一応公式サイトではクレジットカードを推奨しているようですが、電話で確認すると
デビットカードが使える場合も。

ただしどんな種類のデビットカードが使えるかはよくわかりません。
噂では特定のサービスに対応しているデビットカード以外は使えないとか・・・

サポートセンターに電話をして、自分が持っているデビットカードが申込みに
使えるのかを確認してから申し込みをするようにしましょう。

それとmineoも一応口座振替に対応しています。
ただし口座振替が使えるのはeo光に加入しているユーザーのみです。

他の格安SIMでもあるサービスですが、すでに契約しているユーザーが
そちらの月額料金支払いと合算することで口座振替での支払いで申込みができます。

ただmineoの会社はeo光という中部地方で契約できる光回線の会社です。
つまりそれ以外の地域の人は月額料金の合算はできません。

まあ特定地域の特定ユーザーのみのサービス、というところでしょうか。

クレジットカードなしでも契約できるがサービスが限定される

口座振替とデビットカードという方法でクレジットカードなしでも契約できる
格安SIMや格安スマホはありました。

ただしサービスが限定される、申込み方法が限定されるなどちょっと窮屈な印象です。
やはりクレジットカードが使えれば簡単だなあ、と思いました。

後はBIGLOBEやmineoなどすでに他の通信サービスを使っている場合にそちらと
合算して支払うことで口座振替で申し込みが出来るというサービスは多いです。

NifMoや@Tcomの格安SIMも他にサービスを使っていれば口座振替での申込みが
出来るようになっています。

ただし端末同時購入となるとちょっとハードルが上がる印象です。
クレジットカードなしの場合は格安SIMのみの契約がおすすめです。

SIMフリーのスマホ、または現在契約しているキャリアの回線をつかうSIMで
本体を使い回すという方法をおすすめします。

-クレジットカードなし

Copyright© WiFi審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.