ポケットWIFIの審査

口座振替で契約ができるWi-Fiルーターはどこ?

投稿日:

私は以前、ソフトバンクの携帯の月額料金を滞納したことがあります。
料金の支払いはしたのですが、おかげで金融ブラックという状況に・・・

新しくクレジットカードを作ることが出来ないという状況ですが、Wi-Fiルーターを
ほしいと思っています。

トラック運転手をしていると仕事の関係上、地図の検索や時間の調整が必要で
タブレットPCを使うのにどうしても必要なのです。

こんな私でも契約できる、口座振替で契約ができるWi-Fiルーターがあるのか
探してみることにしました。

クレジットカードと口座振替の申込みでサービスの違いはない

まずはいま多くのWi-Fiルーターを提供している会社では新規加入申し込みに
クレジットカードが必須、という状況です。

実は口座振替が利用できるWi-Fiルーターの会社はとても少ないのです。
まあこれがクレジットカードと口座振替の大きな違いになるのですが。

クレジットカードを使えれば選べる会社が増えるので申込みがしやすい。
口座振替が不利になると思うのはこれです。

ただ実際に契約した後のサービスでは口座振替とクレジットカードの申込みで
違いはありません。

例えば口座振替のほうが速度制限にかかりやすいなど、不利になることはありません。
通信速度の上限が口座振替のほうが低いということもありません。

ただしキャンペーン特典などに違いがあります。

わかりやすいのは新規加入特典のキャッシュバックでは金額が違うことが多いです。
口座振替ではキャッシュバックが少なくなる場合も。

後は細かく違いがあるのですが・・・
その説明は、それぞれの状況の説明でしたいと思います。

一般的に口座振替では書類の提出が必要なので時間がかかる

口座振替でWi-Fiルーターを申し込む場合、銀行口座の自動引き落としをするため
口座関係の書類を提出する必要があります。

基本的に郵送での書類提出になるので郵送の時間がかかります。
WEBからの申込みでも郵送時間がかかるので結果、時間が必要という状況に。

そしてクレジットカードの場合は利用するカードに問題がなければすぐにでも
月額料金支払い方法の確定ができます。

WEBからの申込みなら支払い方法の確定が終了した後に端末発送になるので
クレジットカードならすぐにでも端末発送が出来るのです。

これに対して口座振替では書類の郵送、金融機関への確認と書類の提出があって
その後で支払い方法の確定になります。

書類に不備がなくても2週間程度、私は一度印鑑のカスレが原因で提出し直して
1ヶ月以上かかったという経験があります。

支払い方法確定の後で端末の発送というところなら実際にWi-Fiルーターを
使えるのは申込みからかなり時間が経ってしまいます。

ただ会社によっては先に端末発送をしてくれて、支払い方法確定までは
請求書での月額料金支払いが出来るというところもあります。

申し込みをした所によって多少の違いがありますが、口座振替では手続きが
完了するまでに時間がかかるのがクレジットカードの大きな違いになります。

Wi-Fiルーターの会社によっては口座振替にかかる時間が短い

口座振替の場合は郵送で書類の提出があるので時間がかかる、というのが一般的ですが
会社によってはこの時間を短縮することができます。

UQ WiMAXとBIGLOBEというところでは口座振替の書類提出も全てWEB上で
出来るようになっています。

スマホのカメラなどで必要書類の写真を撮って、それをメールで送ることで
書類の提出が完了します。

つまり郵送による書類提出の時間がかからないので口座振替でもかなり短い時間で
支払い方法の確定が出来るようになっています。

最短3日位で支払い方法の確定が出来るので、Wi-Fiルーターを受け取るまでに
申込みから1週間程度という場合も。

やっぱりクレジットカードでの申込みに比べると時間がかかりますが
かなり短い時間で口座振替での申込みが出来るようになります。

Wi-Fiルーターを口座振替で申し込む時の手順は簡単

では実際に口座振替でWi-Fiルーターの申込みをする手続きの方法を確認しましょう。
多くの人はインターネット上から申し込みをすると思います。

インターネット上から申込みをする場合には口座振替を行っているところ以外では
支払い方法に口座振替という項目がありません。

まあ当然ですが口座振替での申込受付をしているところを選びましょう。

必要事項の記入が終われば送信、指定したメールアドレスに確認のメールなどが
届くので後はその指示に従います。

口座振替の場合はこの時に口座振替をするための書類、または必要なものの写真を
送ることになります。

これがクレジットカードと違うところで、クレジットカードの場合はカード番号を
記入するだけで手続きが完了します。

必要書類を送れば後は端末が届くのを待つだけです。
基本的な申し込みの手順はクレジットカードとほとんど違いがありません。

ゆうちょ銀行を始め多くの金融機関が口座振替に対応している

ちなみに口座振替で契約できるWi-Fiルーターの多くがゆうちょ銀行を始めとした
多くの金融機関に対応しています。

例えば先程のUQ WiMAXやBIGLOBEはどちらもゆうちょ銀行の口座から
自動引落で月額料金を支払うことができます。

また都市銀行だけではなく地方銀行や信用金庫などにも対応しています。
ただしどの金融機関の口座が使えるのかはWi-Fiルーターの会社によって変わります。

事前に確認をしてから申し込みをするようにしましょう。

Y! mobileショップではゆうちょ銀行も即日口座振替登録可能

ポケットWiFiというWi-Fiルーターを提供しているY! mobileでは口座振替の申込みを
インターネット上では受け付けていません。

口座振替でポケットWiFiの申込みをするなら街にあるY! mobileショップの店頭で
申込みをする必要があります。

ただしゆうちょ銀行などPay-easyというサービスが使える金融機関なら即日の
口座振替登録が可能なので手続きもかなりすばやくなります。

店頭での申込みなので端末の在庫があれば申込み手続き終了後すぐに手渡しで
端末を受け取ることができます。

つまりこちらで契約すると、手続きした当日にすぐWi-Fiルーターを使うことが
出来るようになるというわけです。

口座振替での申込みは時間がかかるという欠点があるのですが、それをなくすことが
出来るという大きな魅力になります。

まあポケットWiFiは契約できるプランによって月額料金が変わるというちょっと
難しいところもあるのですが。

口座振替でもすぐにインターネット接続したい、というならこんな方法もあります。

口座振替の審査はクレジットカードに比べるととても緩い

口座振替で申込みをする場合、多くのところで審査があります。
ただしこの審査はクレジットカード申込みのような厳しい審査ではありません。

はっきり言えば私のような金融ブラックの人間でも通るような審査です。
その理由は個人信用情報機関に情報をもらっていないから。

金融ブラックというのは過去にクレジット払いの滞納がある、などの情報が残っている
という人のことです。

その情報は個人信用情報機関というところにあるのですが、最低でも5年は消えません。
ここに情報公開を申し込めば見ることが出来ます。

クレジットカードなどの信販会社は個々の情報を見て、分割など割賦払いでの買い物が
大丈夫な信頼できる人なのかを確認するという審査をしています。

でもWi-Fiルーターの口座振替での審査は、こんな審査をしていません。
基本的にはリ月額料金の支払いをする口座が正常に動いているかを確認するだけ。

口座への入出金があれば問題ないと判断されることも多いので、審査自体はかなり簡単で
通常使っている口座なら問題なく審査に通ります。

申し込み時の審査がとても緩いのはYahoo! Wi-Fi

口座振替の審査のゆるいところ、というとポケットWiFiの申込みができるYahoo! Wi-Fi
こちらはかなりすばやく端末の発送をしてくれると評判です。

通常口座振替での申込みは審査を含めて2週間程度ですが、こちらでは申込みから
1週間もせずに端末が手元に届くそうです。

口座の審査に時間をかけずに支払い方法の確定をしているためにすぐに端末を
発送してもらえる、ということですが・・・

Yahoo! Wi-Fiでは口座振替と言っても実際にはYahoo! ウォレットという
電子マネーでの支払いになります。

このYahoo! ウォレットへの自動チャージが口座から出来るので口座振替という
感じで紹介されているのです。

でも自動チャージに対応しているのはネット銀行を中心とした4つのみ。
しかも事前に申し込みをしておく必要があります。

さらにこのYahoo! ウォレットの自動チャージの審査は厳しいと言われています。
口座の残高なども確認されるという噂も。

つまり申し込み時の審査は緩いのですが、口座振替を使うための審査が厳しい
という状況なのであまり大きくおすすめはしません。

口座振替で契約できるWi-Fiルーターでやすいのはネクストモバイル

では口座振替で契約できるWi-Fiルーターで月額料金が安いところを探します。
まあ口座振替で申し込みが出来るところはかなり少ないのですが。

契約プランが多いY! mobileのポケットWiFiなら安く使えるプランがあるので
一応安いところ、ならY! mobileになります。

例えば5GB上限のポケットWiFiプラン2ライトなら月額2,480円です。
かなり安くなっているのですが月に5GBしかデータ通信が出来ません。

5GBじゃあスマホと変わらず、ちょっとした動画を見てしまえばそれで終わりです。
私のように休憩時間にテレビの代わりに使えばすぐに速度制限に掛かってしまいます。

ストレス解消にムフフな動画も見れなくなったら・・・
ということで安いのですが使いにくいという感じでおすすめしません。

私のおすすめは30GB上限のネクストモバイルです。
こちらもいくつかプランがあるのですが、口座振替は30GBのみです。

月額料金は3,490円とかなり安く、しかも月間30GBという大容量が使えます。
スマホで30GB契約すれば月額6,000円以上するのでお得感はかなり高いです。

ネクストモバイルでは他にももっとコスパのいい20GBで月額2,760円という
プランもあるのですがこちらはクレジットカード専用のプランです。

他にもWiMAX2+というWi-Fiルーターもあるのですが、こちらは
月間データ通信容量上限なしで月額4,380円程度。

一応口座振替でもこれだけ多くのプランから選んで契約が出来ます。

手続きにかかる時間が気にならないなら口座振替のデメリットはあまりない

クレジットカードと口座振替、それぞれの申込み方法の違いを確認しましたが
基本的なサービスに関して違いはありません。

通信速度やデータ通信量の上限などは契約プランで変わるだけです。
ただし契約にかかる時間が変わるので利用開始までの時間が変わることも。

後はキャッシュバックなど新規加入特典の違いですが、これも選んだ会社によって
多少変わるくらいです。

最近では口座振替も書類の提出がなく、WEB上で完結できるという会社も出来たので
大きなデメリットというのはかなり少なくなっています。

実際に店頭受付で口座振替が使えたり、先に端末発送してから手続きしたりという
色々な方法でそのデメリットも解消できています。

ただし現状口座振替での新規加入受付をしているところがかなり少なくなっている
という状況です。

口座振替にした場合のデメリットはほぼないのですが、口座振替で申込みが
出来ないというのが一番大きなデメリットのような気がします。

-ポケットWIFIの審査

Copyright© Wi-Fi契約審査のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.